So-net無料ブログ作成

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

にきびを治し、にきびを予防する正しい洗顔法とは?「にきび洗顔の注意する点」 [大人ニキビ]

にきびを治す正しい洗顔



肌トラブルの中でも、ニキビに絶えず悩まされているという人は少なくありません。


ニキビ予防にはどうすればいいのでしょうか。


にきびは実際に顔にできると気分も落ち込みます。

にきびで悩んでいる人は、若い方だけではありません。

きれいに洗顔作業をしているつもりなのににきびができてしまい、

何がいけないのかと悩む人もいるようです。

顔の中の目立つような場所ににきびができてしまうと人前に出ることも気が進まなくなりますし、


化粧も工夫しなければなりません。

ニキビを作るのは、毛穴の中に住むアクネ桿菌です。

毛穴からは、代謝作用や体温調整のために汗や脂質が出ています。

皮脂汚れなどで毛穴が詰まると、脂質が体外に出ずに毛穴の中で固まってしまいます。

アクネ桿菌は毛穴の中にいますから、脂質や汚れと一緒に固まります。

にきびができるのは炎症を起こした皮膚が化膿することですが、

アクネ桿菌は脂肪を元に増殖する時に皮膚炎を引き起こす原因となる成分を出す性質があります。

ちゃんと洗顔をしたつもりでも、毛穴の中に汚れが残っちていると毛穴が詰まって、

にきびができる可能性を作ってしまう事になるのです。

一日に何度も洗顔している人でも、正しい洗顔方法をしていないと、

目には見えない汚れが毛穴の中に残ってしまいます。

ただし、ホルモンバランスや食習慣、生活習慣、ストレス、

個人の肌質などでもにきびが発生することがありますので、理由は洗顔だけではありません。

洗顔だけが上手でも、その他の要因によってにきびができてしまうこともあります。


正しい洗顔でにきびを予防する


にきびを予防するには、毛穴の中でアクネ桿菌が増殖しやすい環境を作らないことが大切です。

きれいなにきびのない肌を目指すためには、毎日きちんと顔を洗うことです。

毛穴の中の汚れも確実に落とせる洗い方を習得しましょう。

毛穴汚れまで確実に落とす洗顔を続けることによって、ニキビに防止に限らず、

健康的でみずみずしい肌もを実現することができるでしょう。

にきびを予防する正しい洗顔方法は、まずヘアキャップやタオルを利用して、

髪が落ちてこないように、しっかりまとめます。

髪の生え際は汚れがたまりやすい場所ですから、しっかり洗顔しないと、

にきびができやすいのです。

最初は手洗いからです。手についている汚れを洗い流しましょう。

本格的に顔を洗う前に、

1日1回くらいは顔に蒸しタオルでくるんで蒸らすことによって洗顔力がアップします。

毛穴からゆるんで汚れが落ちやすくなるからです。

ぬるま湯で素洗いしてから、表面の汚れを落とします。

手のひら、もしくは泡立ちネットなどを使い石けんをよく泡立てます。

額からこめかみ、鼻、小鼻の回りなど脂が分泌されやすい場所から順に泡を乗せていき、

優しく洗ってください。皮脂が分泌されやすいTゾーンは

要注意エリアですから特に気合いを入れて、

それからほおやあご、首筋を洗ってから水で泡を流し、こすらないように水気を拭いましょう。

洗顔は毎日漫然と行っている人が多いかもしれませんが、

基本的な部分は押さえておいてください。

いずれにせよ、隅々まで念入りに顔を洗うということがニキビ予防の大前提です。

サボらず、習慣化させてきちんと顔を洗うようにしてください。


にきび洗顔の注意する点


にきび予防、にきび肌改善には、正しい洗顔が最も基本的なスキンケア方法です。

しかし、正しい洗顔を行っていても、洗顔回数や石けんの種類によって、

肌を傷めてしまうこともあります。

にきび予防、にきび肌改善のための正しい洗顔は1日に2~3回までで、

それ以上は洗いすぎです。

頻繁に顔を洗っていると皮脂汚れと共に必要な肌の油分まで流れて過剰分泌の元となり、

にきびができやすくなってしまいます。

起床後と夜の2回洗えば事足ります。

洗顔料を選ぶ時は、毎日顔につけるものであることを認識しよく吟味してください。

洗顔料は毎日肌に接触させるものですから、十分検討して決めなければ、

肌によくない効果が出ることもあります。

洗顔剤選びに失敗して、肌によくない刺激を継続して与えていると、

にきびが酷くなるだけでなくもっと肌の状態が悪くなることもあります。

また、肌の状態は移ろいやすく、夏と冬で皮脂の分泌状況ががらりと変わることもありますので、

留意してください。例えば、真冬の肌は乾いた空気にさらされて乾燥しがちですので、

洗顔剤も保湿の性能があるものを用いた方がいいようです。

顔を拭くために使うタオルは、水分の吸水性がよく柔らかいものにしてください。

擦らなければ使えないタオルは肌にダメージがいきかねません。

お肌へのダメージを最小限に留めるためには、

薄く弱い部分である肌の角質層にできるだけ刺激を与えずに水気を拭く必要があります。

ニキビを防止し、でこぼこのないきれいな肌なるためにも、

ポイントを押さえた洗顔をしてください。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ニキビと背中エステの基礎知識 「最新の安心できる背中エステ」 [背中にきび]

ニキビと背中エステ


私たちの背中は案外とニキビができることが多いようです。

皮脂の分泌量が多い背中はブツブツニキビを繰り返し、ザラザラお肌になりやすいんです。

アクネ菌という菌に栄養を与えるとニキビの原因物質ができます。

アクネ菌は毛穴の中に存在しており、何かのきっかけで栄養があるとニキビができてしまいます。

毛穴が不要な皮脂などで詰まってしまうと、

そこから分泌されるべき汗や脂質が分泌されきれずに溜まってしまいます。

皮膚が赤く炎症を起こすのは、毛穴に詰まった皮脂を養分にアクネ菌が増殖することが原因なのです。

赤く化膿した毛穴部分を放置するとニキビになってしまいます。

では、自宅でニキビ予防の背中ケアは可能でしょうか。

シャンプーやリンスの残りや、汗や油等が原因でニキビが出来るので、

お風呂でしっかりと洗い流し、自分で背中エステをしてあげましょう。

夏期はことさら丁寧に背中をケアしましょう。

見えないながらも汗をかく機会が多く、毛穴に汚れが留まりやすいためです。

またシャンプーを髪の毛で泡立てたまま体を洗ったりすると、

シャンプーが毛穴に入る原因となるので避けましょう。

抗菌剤であるイソプロピルメチルフェノール等が主成分で、

お肌を潤す保湿成分もたっぷり配合されたボディソープで毎日汚れを落とすと、

スベスベになり自分で出来る背中エステになります。

家庭でも背中の存在を意識して念入りに洗うことで十分な背中ケアになります。

毛穴が緩んでいる入浴時にきっちりと手入れをするようにしましょう。

背中エステの基礎知識


背中エステはエステサロンにあるコースの一つですが、利用者はどのような人でしょう。

背を出すドレスを着る予定の新婦さんなどは、背中のケアのために訪れるそうです。

それ以外の女性でも、背中ケアを目的にエステを受ける人も増えています。

背中は目視で確認しながら手入れをするのが難しい場所なので、

専門家の手を頼ろうという人も多いようです。

エステで背中ケアを頼む時のコツはどのようなものでしょう。

背中エステにも体質によって合う合わないがあるので、

合わないと感じたらエステティシャン等の専門家に相談しましょう。

背中エステの効果もいろいいろあります。

なかなか自分での手入れは難しい背中ですが、

背中エステをしてもらうことで毛穴に詰まった汚れを落とし、

すべらかな背中を保つことが可能になります。

肌荒れもニキビもない美しい背中になるには、

一定間隔で背中エステを受けて肌の健康を取り戻す必要がありますので、

根気よくエステを受け続けてください。

顔や腕であれば鏡でチェック出来ますが、背中は見えにくいものです。

入浴時に今までより背中を意識するようになることも、

背中エステを受ける意義といえるかもしれません。

いつも美容への関心を持つことはきれいな肌を維持する上では重要なことであり、

見えない部分から効果が現れるものです。

これまで気にしていなかった背中エステを気にすることから、

思いがけず新たな進歩が果たせるかもしれません。


最新の安心できる背中エステ


背中のトラブルが気になる方は多いようです。

背中のトラブルを解消するためには、どの様な所で背中エステを受ければ良いのでしょうか。

エステには、メディカルエステという医者が参加しているエステがあります。

エステでの施術は後遺症や副作用が気になる場合がありますが、

医師のチェックの元に行われている行為ならばかなり安心です。

メディカルエステは、アフターフォローを含めたクリニックとの連携による

総合的な管理体制があるので、より安心して背中エステを受ける事が出来ます。

背中エステを受ける際には、メディカルエステに相談に行ってみることをおすすめします。

エステでの施療では、どういったことをしてくれるのでしょう。

背中は皮が厚いので、炎症やニキビも難しいものが多いようです。

背中には、日焼けからシミやくすみになってしまった部分やニキビ、ニキビ跡などが残っています。

イオン施術やピーリング技術を用いて肌の再生を促進させ、

赤みやくすみを消し去ります。未だに皮膚にこびりついているいらない表皮部分を取り除き、

肌のターンオーバーを促進してなめらかな背中を作る技術がピーリンクです。

老化した古い皮膚がいつまでも残っていると、肌の荒れる原因になったり、

小じわやシミの元になることもあります。

メディカルエステの背中エステで行われるピーリングは、

背中に厚く積み重なった古い角質を綺麗に剥離してくれます。

つるつるした透明感のある肌を取り戻すために、背中エステで不要なものを取り除きましょう。

メディカルエステの背中エステは、最新の安心できるメディカルスキンケアなのです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ワキガの原因とワキガになりやすい体質と治療法 [ワキガ]

ワキガとは


一体どんなものをワキガと呼ぶのでしょうか。

日本人はきれい好きですから、ワキガや体臭には敏感であり、

一度気になりだすと止まらないのが体臭の悩みです。

この体臭は季節を問わず気になるものですが、

誰でも自分の体臭で悩みたくはないでしょう。

ワキガであれば、正しい治療を行う必要があります。

ワキガの治療法はさまざまですが、治療法の前に、ワキガとは何かをご説明します。

多汗症は体温調節が必要でないときでも大量に汗を分泌してしまう症状ですので、

ワキガは多汗症とは違います。

ワキの下だけでなく、手や足や、顔などにも汗をかきます。

大量の汗をかくために、ワキガと勘違いしてしまう人もいますが、

ワキガと多汗症は根本的に違のです。発汗量が多い多汗症の人は、

日常生活を送るうえでもいろいろと問題が出てきます。

書き物する時や楽器を演奏する時、自転車や車のハンドルを握る時など、

汗でべとついたり、濡れたりと不便なことが多いのです。

多汗症も、もちろん治療しなけれ、自然に治ることはできません。

しかしワキガ同様、専門医に相談することによって、

少しでもその症状を少なくすることはできるでしょう。

ワキガというのは、分泌物が皮膚にいる菌により分解されることによって発生してしまう異臭です。

その分泌物はエクリン腺、アポクリン腺、皮脂腺などの汗腺類から出るものです。

皮脂腺の活動が思春期の頃から活発になるので、ワキガの臭いもきつくなってくるでしょう。

遺伝もありますし、性ホルモンの影響もあるのがワキガの特徴です。

体内に溜まった熱を放出する働きをしているのがエクリン腺で、

人の体全体に分布している汗腺です。

アポクリン腺は、ワキ下やおヘソの周り、耳の中などにあるものです。

汗腺から出る分泌物は乳白色で、成分は脂肪・色素・アンモニアなどからなります。

これが衣類に染みを作る原因になるのです。

ワキガは人間がそれぞれ持っている体臭とはまた別のものだといえます。

なぜなら皮脂腺は名前のとおり皮脂を分泌していますが、

ワキガはこれらの汗腺と雑菌が混ざり合うので、

独特の腐敗臭を放出してしまうという仕組みだからです。


ワキガの原因とワキガになりやすい体質



ワキガになりやすい体質もありますが、ワキガの原因は食生活にもあります。

ワキガの治療を考える前に、ワキガの症状を軽減できるかもしれませんので、

摂取している食品について見直してみると良いでしょう。

肉類や乳製品などの、高カロリーや高脂肪の食品はワキガ臭の原因になりやすいものです。

エネルギー源として欠かせない食品ですが、摂りすぎには注意したほうが良いでしょう。

このほかワキガ臭の原因になりやすいのが、

乳製品や卵など脂肪酸や中性脂肪が多く含まれている食品です。

これは汗腺を刺激しやすいからです。

食生活の改善という自分でできることからまずは始めてみましょう。

ワキガ治療も必要かと思いますが、ワキガの症状を軽減できますのでやってみて損はないでしょう。

ワキガ治療することよりも、ワキガであるかどうか、判断することは難しいのが現状です。

人に指摘されることはありませんし、自分でも気付かない人もいますので、

ますます難しいのではないでしょうか。

ワキガであるかどうか自分で判断する基準もあります。

ワキガは高い確率で遺伝してしまうので、両親や親戚などにワキガの人がいる場合です。

ただ気をつけなければいけないのは、

ワキガは100%遺伝するというわけではないということでしょう。

毛深い人はワキガの確率が高いようです。

なぜなら毛深いと汗腺が多くなりますので、細菌の温床になりやすいからです。

耳の穴に多く分布しているアポクリン腺。耳垢が湿っている人は、

この汗腺が活発な証拠なので、ワキガの可能性を否定できませんので、注意が必要です。

黄ばんだ汗じみが服のワキの下にできる人も、ワキガや多汗症の可能性が否定できません。

もしワキガだと気付いたら、早く対処することで、ストレスや悩みをかかえなくてすみます。

悩む前に食生活の見直しや、ワキガの専門医に相談して治療を受けてみましょう。

いろいろなワキガの治療法がありますので、まずは恥ずかしがらずに相談することをおすすめします。


ワキガの治療法


ワキガの治療法について。ワキガに気付いたら、自分で悩みを抱え込まないためにも、

またまわりに不快な思いをさせないためにも、早めのワキガの治療をおすすめします。

病気とはいえないのがワキガですが、ワキガ治療することを決めたのなら、

まずはさまざまなワキガの治療方法を知りましょう。

無料で相談できるクリニックを利用すると良いでしょう。

クリニックによってワキガの治療方法は違いますし、費用もかかりますから、

よく検討してからそうするか決めましょう。

ワキガの治療法である切除法は、昔から行われていたワキガ治療の方法ですが、

現在は行われていないようです。

臭いの発する腋の下の皮膚、ワキの下の汗腺や皮脂腺などを切除して縫い縮める方法ですが、

ひきつれが起きたり傷が残ったりとデメリットの方が大きいというのがその理由です。

ワキガの治療法に、直視下剪除法(皮弁法)というものがあります。

医師が目で確認しながらアポクリン腺とエクリン腺を除去するために、

ワキの下の皮膚を6センチ程度切開するというやり方です。

これ以外にも、ワキの下の皮膚に数ミリの穴を開け、細い管を差し込んで、

アポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を吸い出す皮下組織吸引法というワキガの治療法があります。

傷跡が残らず、入院が不要で、術後の日常生活への影響もないというメリットがあります。

さらに超音波治療法と呼ばれるワキガの治療法があります。

これは皮下組織吸引法と同じでワキの下の皮膚に数ミリの穴を開ける方法です。

その穴に超音波装置に接続されているハンドピースの先端を挿入します。

そしてアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺を破砕して吸引するのがその方法です。

血管や神経を傷つけず、皮膚壊死の心配もなく入院も必要ないので魅力的なワキガの治療法です。

ただしけっこう費用がかかるのがワキガの治療です。

ワキガの治療に治療費を出せる人にとっては良いものだといえるでしょう。

しかし治療費が出せずに悩んでいる人は、少しでもワキガの原因となるものをなくしていくために、

ご自分の食生活を見直し汗を良く拭いて、体を清潔に保つなどの工夫をすると良いかもしれません。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびとにきび痕の原因と対策と治療法 [大人ニキビ]

にきびとにきび痕について

にきびとはどういう肌のトラブルなのでしょうか。


医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)とにきびは呼ばれているようです。


尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、年齢に関係なく発症しますから実は

20歳過ぎたら吹き出物というわけではなく、10代でも40代でもにきびは出来るのです。

大変にきびに悩む方は多く、それと同様ににきび痕を治したいと希望する人も大勢いるといえます。

にきび痕は大きく分けて2つに分けられます

まず1つ目は、肌表面がデコボコしている状態で、これはにきび痕が陥没しているものです。

にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。

細菌の増殖によって炎症が起きてしまうことによって作られます。

なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、

にきび痕が皮膚に残りやすくなります。

ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。

にきび痕は治りにくく、場合によっては一生残ってしまう事も少なくありません。

加えて2つ目のにきびの痕は、にきびの後遺症といえるものでにきびの痕に出来る色素沈着です。

これはシミの様に色素沈着している状態です。

にきびばかりでなく、色素沈着は炎症を起こした部分に出来やすいものです。

これを炎症後色素沈着といいます。色素沈着とはいわゆるシミのことです。

シミが残ってしまう事があるので注意しなければならないのは、

傷が出来た痕や、化粧品や薬品によってかぶれが生じた後なのです。


にきびとにきび痕の原因と対策



にきびが出来る原因は何かというと、にきびは皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事です。


それだけではなくにきびの周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあるからです。

これによ痛みを感じることもあるようです。

にきびの内因性原因としては、ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、

偏食、ストレスがあげられます。

また肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、

活性酸素がにきびの外因性原因としてあげられるでしょう。

その他に乾燥や薬の使用もにきびが出来る原因といえるのではないでしょうか。

いくつもの原因が重なり合うことによってにきびが出来る場合が多いようで、

原因は1つではありません。

にきびやにきび痕の予防や改善は、できる要素となる様々な原因を把握して、

きちんと対策を立てないと、なかなかすすまないものです。

にきびやにきび痕の対策が自分でできるものがあります。

それは正しい洗顔法を身につけるということです。

ぬるめのお湯でメイクや汚れをしっかり落とし、余分な皮脂も取り除いて下さい。

シャワーを使って綺麗な水で洗顔料を洗い流します。

さらに重要なのは、ゴシゴシこすったりして強い刺激を肌に与えないようにし、

清潔なタオルを使うことを心がけてください。

また自分の肌の状態に合っている化粧品を使うことも、

自分で出来るにきびやにきび痕の対策として有効です。

正しい化粧品での肌のケアが綺麗に洗顔した後には不可欠です。

自分の肌質に合った化粧水や乳液等物選び、

基礎化粧品も汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬とでは変えるといった

細かい工夫が必要ではないでしょうか。

化粧品には、にきびやにきび痕の形成を促す様な成分も含まれていますし、

ファンデーションは肌にとっては汚れですから、にきびやにきび痕の発症を促し、

悪化をもたらす事になります。

まずは自分の肌に合った化粧品を使用するようにしましょう。

化粧が原因でにきびやにきび痕が出来てしまう事もあるからです。

にきびやにきび痕の治療について


早めににきびの専門クリニックで相談して、きちんとしたにきび治療の開始をしたほうが良いのが、

にきびやにきび痕の症状が特にひどい人です。

どんなにきびの治療を、にきびの専門クリニックでは受けることができるのでしょうか。

まず敏感肌の女性にとって嬉しいのは、

洗顔料や保湿剤等独自に開発されたにきびやにきび痕用のスキンケア用品を


購入することが可能だということです。

高濃度ビタミンCのお薬があります。

ビタミンCはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、にきびやにきび痕の治療薬として使います。

ビタミンCには、にきびやにきび痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果と、

にきびの炎症によって出来る活性酸素を中和させて、

にきびの炎症を抑える効果があります。

科学的な治療法であるケミカルピーリングもにきびやにきび痕には効果的です。

このケミカルピーリングはフルーツ酸の働きで、

角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌をすることでにきびやにきび痕を改善していきます。

ピーリング石鹸といって、自宅でケミカルピーリング効果を得られるものも購入可能です。

メラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高める効果があるのが、


フォトフェイシャルと呼ばれるにきびの治療方法で、これは特殊な光を利用するものです。

にきび痕に最も適した治療方法で、陥没や色素沈着などに効果的です。

それだけではなく、皮脂の分泌を抑える効果もあるので、にきびを総合的に治療することができます。

レーザー治療もあります。レーザー治療とは、

にきびの炎症の元となる原因菌に働きかけ、

殺菌する作用を持つレーザー光線を当てるだけのにきびの治療法です。

皮膚の他の組織にダメージを与える事はないので、にきびの治療に使用されるレーザー光線は、

内服剤の様に副作用の心配はないでしょう。

その効果は、細菌の増殖を予防したり、炎症を沈静させるなど様々です。

にきびやにきび痕の治療にはたくさんの治療方法があります。

にきびやにきび痕に悩んでないで、クリニックに行ってみましょう。

きっとあなたにぴったりのにきびの治療法が見つかる筈ですよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

顔の毛穴をレーザーで治療する 「顔の毛穴の黒ずみにケミカルピーリング」 [毛穴ケア]

顔の毛穴をレーザーで治療する

毛穴が黒く目立つようになってきてどうにかしたいという人は、

レーザー治療という手段があります。

毛穴のレーザー治療とはレーザー光の照射によって顔の毛穴の開きや黒ずみを解消するものです。

レーザー治療をすると顔の毛穴の開きや黒ずみを解消できるだけではなく

小じわや肌荒れにも効果があります。

レーザー治療の中で最もポピュラーなのはMAX毛穴レーザー治療です。

これは顔の毛穴の洗浄後に粒子の細かい炭粉末を塗りこみレーザー光を数回照射する方法です。

レーザーの光は黒に反応して熱を発生させるため、

その性質を利用して顔の皮膚全体に刺激を与え、毛穴を縮めるというものです。

この方法は毛穴の引き締め効果だけでなく、

何度か定期的に施すことによって若い頃の瑞々しい肌に戻る効果もあります。

毛穴のレーザー治療の手順はまず洗顔をしてメイクをしっかり落とします。

炭粉末のローションを顔に塗ります。特に顔の毛穴の黒ずみが目立つ部分によく塗りこみます。

レーザー治療を行う前には、事前照射という肌を温めるための光を全体的に照射します。

レーザー治療そのものは3回に分けて行い、その後に約5分のクーリング時間をおきます。

これで肌の状態が落ち着き、毛穴が締まって黒ずみがわからなくなります。

紫外線対策が必要ならば紫外線対策を行います。

しばらく肌を休ませてからなら、帰宅時に部分的なメイクをしてもOKです。

お手軽で危険のないレーザー治療のテクニックは様々な角度から研究されており

、一昔前より受けやすくなりました。

自宅でのケアだけではなかなか毛穴の黒ずみが改善しないという人は、

顔の毛穴をレーザーで治療する方法を試してみると良いかもしれません。


顔の毛穴の黒ずみにケミカルピーリング

顔の毛穴の黒ずみ対策としてもうひとつケミカルピーリングという方法があります。

ケミカルピーリングとは数種類の酸を皮膚の表面に塗布することで残っている

古い角質を剥ぎ取って肌自らが持つ新陳代謝能力を引き出します。

肌が元々有している新陳代謝能力を高めることで、

シミや黒ずみのない肌を取り戻そうというのです。

ただし、乾燥肌だったりにきび肌だったりする場合は、

ケミカルピーリングはやめておいた方がいいでしょう。

基礎となる皮膚が健康でなければ、正しいケアが行えなくなるからです。

にきびのような治療できるものは、その後に行うようにしましょう。

肌が健康でケミカルピーリングの量と濃度が適していれば安全な、

顔の毛穴黒ずみの治療法だといえます。

顔の毛穴黒ずみ対策をケミカルピーリングでしようと思ったらまず

皮膚科を受診することをおすすめします。

ケミカルピーリング専門の皮膚科というのもあるので、

インターネットなどで調べてみることもお勧めします。

ケミカルピーリングを行った後は、肌が赤くなったり少々ひりひりする場合もあるようですが、

しばらくすれば治まります。悪化して治まらないようであれば、

皮膚科で受診してみた法がいいでしょう。

日ごろからスキンケアを正しく行い、食生活にも注意を払って毛穴の黒ずみ予防とし、

ひどい部分にはケミカルピーリングを試みるなどして徹底治療をすると、

顔の毛穴の黒ずみはきっとなくなることでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

目の下のたるみ対策ケアとクリニックでの目の下のたるみ取り [まぶたのたるみ]

目の下のたるみ対策ケア


生まれつきや加齢が目の下のたるみのできる要因でもありますが、

ある程度は、毎日のケアや気配りで目の下のたるみを解消することはできるでしょう。

目の下のたるみを改善するには、肌の水分の蒸散を抑えて肌を保湿することが重要です。

理想的な肌の水分は表皮の角質層では約20%、真皮では約70%です。

乳液や保湿美容液を肌の手入れに有効に使うことで肌に水分を与え

肌の水分バランスを調整することが大切です。

紫外線によっても肌の弾力成分であるコラーゲンは変質します。

原因は老化だけではないのです。目の下のたるみ対策に紫外線対策は必須です。

日頃から帽子の着用や紫外線カットのクリームを使い、紫外線をカットすることが、

目の下のたるみ対策になるといえます。

コラーゲンを失い皮膚に弾力がなくなると、筋肉を鍛えても、目の下のたるみは解消されません。

目の下に脂肪をためないためには、新陳代謝を整える必要があります。

食生活は、マッサージやスキンケアとともに肌の健康大きな影響を及ぼしますで

、大変重要なものです。

インスタント食品や甘いものの食べすぎは控え、緑黄色野菜を意識して摂るように心がけましょう。

規則正しい生活習慣と十分な睡眠も肌の健康を作ります。

継続して行うことで目の下のたるみ対策は効果がありますので、

気長に根気よくやっていくことが重要です。


クリニックでの目の下のたるみ取り


美容クリニックなどで手術を受けて、目の下のたるみをなくす方法があります。

目の下のたるみをどうしても取り除きたいという人におすすめです。

いくつか目の下のたるみを取る方法はあります。

これは差がクリニックごとに大きいものですから、

内容をよく確かめて自分に良いものを見つけましょう。

皮膚のたるみではなく脂肪によるものが目の下のたるみの原因である場合、

皮膚を切開してたるみ部分の脂肪を除去する方法になるでしょう。

手術で切開するところはまつげの生え際や目の裏の結膜部分などになるでしょう。

脂肪の位置によっては目じりや目頭など傷跡のわかりにくい部分から切開することもあります。

脂肪を除去するのと同時に目の下のたるんだ皮膚を切開するということも可能です。

まつげの生え際を数ミリ切開し、目の下の脂肪と下まぶたの皮膚を一部除去します。

そしてまぶたがダラッと垂れ下がらないよう筋肉を一部固定するなどの施術を行います。

下まぶたは上まぶたより重力の影響を受けやすい部位だからです。

これら2つはどちらも目の下のたるみを取る方法のなかでも、

目の下の脂肪を除去してたるみを取るというやり方になっています。

脂肪を除去すると症状や状態によっては目の下全体がへこみ、

逆に老けた印象を与えてしまうこともあるかもしれません。

ハムラ法は、そのような場合に適しているもので、

目の下の脂肪のたるみ部分からへこんでいる部分に移動させるというやり方です。

移動した目の周りの脂肪組織は、


糸で縫いつけて固定する目の下のたるみを取る方法です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびのケアの注意点と漢方薬を用いる方法 [大人ニキビ]

にきびのケアの注意点


にきびの改善のためのポイントとして日々の生活習慣を気をつけることがあげられます。

十分な睡眠はにきび予防に大事です。

不規則な生活習慣や睡眠不足はホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーが乱れる元になります。

肌のターンオーバーが乱れると角質が厚くなってしまいます。

それにより毛穴を塞ぎ、にきびができてしまうのです。

また、夜11時~午前2時頃の時間帯でお肌が作られるといわれています。

十分な睡眠をこの時間に取ると肌の回復を早め新しい肌が作られます。

ですからにきびのケアには良いものなのです。

女性の場合は、排卵後に普段よりにきびができやすい状態になります。

黄体ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量が多くなる上に

肌が敏感になっていることもよくあるからです。

にきびのケアをこの時期は特に念入りにすると良いかもしれません。

化粧品の中にもにきびをケアできるはものはいろいろと販売されています。

にきびのケアは皮脂の分泌が多い場合は乳液やクリームなど

油分の多い化粧品を使わなくても充分なこともあります。

保湿成分のある化粧水などで水分補給をするだけで良いのです。

さらににきびの原因としてストレスがあげられます。

ホルモンバランスを崩してしまうからです。

肌にストレスがかかる原因は、生活や食事のリズムが崩れることですので、

規則正しい生活がにきびのケアになるでしょう。

温浴やアロマでリラックスしたり、

自分なりのストレス発散法でストレスのない体作りをすることも、

にきびケアでは注意するべき点です。


にきびのケアに漢方薬を用いる方法

漢方薬を用いる方法がにきびのケアのひとつにあります。

ストレスや食習慣、肌質やホルモンバランスなどの様々な原因で起こる症状がきびはであり、

にきびの原因は人によって違うものです。

にきびの症状が似ていても原因や状況によって漢方薬でのにきびのケアは、処方も違ってきます。

漢方によるにきびケアの強みは、

それぞれのにきびができる個人別の理由に合わせて処方ができるということです。

効き目がゆっくりで即効性はないのが漢方薬の特徴ですが、

にきび治療での漢方は1ヶ月弱ほどで効果が出始めるといわれています。

根本から体質改善によってにきびを直すことがでるのが漢方薬です。

ですからにきびの再発防止にもなるでしょう。

にきびのできる根本的な原因を取り除く一方、

漢方薬は体の中から働きかけてにきび跡の色素沈着などのケアにも効果的なようです。

にきびは顔だけでなく背中にも出ます。背中には皮脂腺が多いからです。

手の届きにくい背中のにきびのケアも、漢方薬で体質改善をはかることで可能になります。

漢方薬が購入できるのは、薬局やドラッグストアですが、

同じ名前の薬でも濃度が微妙に違ってきます。

漢方は時間をかけてじっくり服用するものであるだけに、

素人判断で薬を選ばずに漢方専門店などで専門家に相談しましょう。

自分に合った漢方薬を処方してもらうことがにきびケアのために理想的です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ボトックスで小顔治療をするメリットとデメリット [小顔]

ボトックスで小顔治療をする



ボトックス治療は今大変注目を浴びています。

小顔効果が期待出来る治療法だからです。

欧米においてシワに対する治療方法として選ばれるポピュラーな治療であるボトックスは、

FDAでも認可され、ボトックスの安全性は確立されているものなのです。

一番高品質で安全性が高いのが、

いくつかの種類があるボトックス治療に使われるA型ボツリヌス菌毒素製剤のなかでも、

アラガン社の製剤であるといわれます。

ボトックスの製剤によっては効果が少ない物や、

他の部位に流れやすく下垂を起こしやすい物もあるようです。

ボトックス小顔治療は、話題の美容成分ボトックスを使ったもので、

最近美容エステで人気のエステコースです。

美容業界で今ボトックス治療は、小顔効果が期待出来る治療法として大変注目されているのです。

筋肉を収縮し小顔効果をもたらすためにボトックス小顔治療は、

ボツリヌス菌の毒素を抽出して薬にしたボトックスを、筋肉に注射していくものです。

ボトックスを注射する事で、エラや下膨れの部分の筋肉の動きを止めます。

そして使われない筋肉が退化する事で徐々に顔を小さくするという効果があるというわけなのです。

ボトックス小顔治療はボトックス注射気になる部分していくことで、

筋肉の働きを止めそれにより小顔効果が期待できるというものです。

通常、ボトックス注射をした数週間後に徐々に効果が現れ、

1ヶ月程たつと顔がほっそりしてきますが、

ボトックスによる小顔治療の効果がどれ位で現れるかは、個人差があるでしょう。

小顔をキープするためには、ボトックス注射は年に何度か打つことが不可欠です。

ボトックス小顔治療は、顔を切る事なく小顔になれるので、

エラや下膨れに悩んでいる人には、お薦めの小顔治療方法です。


ボトックス小顔治療のメリットとデメリット

ボトックス小顔治療にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

メスを使用した小顔治療は、

ボトックスによる小顔治療の前によく行われていたしわ治療ではないでしょうか。

顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるために、

耳の後ろ辺りの皮膚を切除するいう外科手術による小顔治療が一般的だったのです。

ボトックス小顔治療が登場したおかげで、

従来よりも患者さんの心身の負担が減ったといえるでしょう。

メスを使わずに注射だけで済むようになったからです。

またボトックス小顔治療の効果は数ヶ月で消えてしまいます。

仮にボトックス小顔治療の術後結果が気に入らなくても、

数ヶ月我慢すれば元に戻ります。

ボトックス小顔治療のデメリットについて。

ボトックスの小顔効果を維持する為にはなりません。

ボトックスの働きは、筋肉を動かす為の神経伝達物質アセチルコリンの放出を止めるものです。

それにより表情じわの表情筋が動きにくくなりリラックスさせるのです。

3ヶ月位経つと神経から新しい運動神経の側副枝が伸びる為、

ボトックス注射を1度したとしても新しくアセチルコリンの放出がおこってきます。

ですから年に2~6回程度手術を受ける事が必要となるのが、

ボトックス小顔治療の大きなデメリットといえます。

表情筋の動きを抑制し過ぎてしまい、

表情が乏しくなって、能面の様になることがボトックスの注入量があまりにも多いと起こり得ます。

ですからボトックス注射の経験が豊富なドクターを慎重に選ぶことをおすすめします。

さらにボトックス小顔治療の際は免疫系の過剰反応を引き起こす事もあるので、

事前によく相談することが不可欠です。


ボトックス小顔のエステ施術

エステサロンで、ボトックス小顔注射を施術してもらう場合の流れはどんなものなのでしょうか。

ボトックス小顔施術をエステサロンで受ける場合、

まず初めにカウンセリングを受ける必要があります。

次にクリームの麻酔を塗りますので、治療部位のお化粧を落としましょう。

ボトックスの注入部位をクーリングをボトックス小顔注射をした後に行い、

エステでの施術は終わりになります。

ボトックス小顔注射の施術にかかる時間は、、

約10分~1時間位です。ボトックス注射の箇所や本数によっても違ってくるでしょう。

希望により痛みに弱い方は、全身麻酔が施される事もあります。

エステでの術後は数十分~1時間位休息が必要です。

費用はボトックス小顔のエステの施術1箇所当たり15分位で5~8万円位でしょう。

ボトックス小顔注射の施術を受けた後の洗顔は問題ありませんが、

あまり強くこすらないようにします。ボトックス注入直後は日焼けをしないで下さい。

紫外線により、注入部位の針穴が色素沈着する可能性や

ボトックス注入部位に内出血を起こす場合があるようです。

可能な限り、ボトックス注入の前日と当日は、

アスピリン、ビタミンEのサプリメントは内服しないようにします。

数日で吸収され消退するとはいえあまり良いものではありません。

飲酒、運動、入浴はボトックスを注入した日は、避けましょう。

まれに中和抗体の産生により、

小顔効果が認められなくなることがボトックス小顔のエステ施術後にあるようです。

ボトックスの注入は妊娠中、授乳中、妊娠する可能性のある方はできないことになっています。

顔は女性にとって命です。

ボトックス小顔治療が気になるのなら一度、エステサロンやクリニックに行って、

カウンセリングを受けてみてはどうでしょうか。

エステでボトックス小顔の施術をすることによって、

あなたの希望する理想的な小顔を手に入いれることが可能なのです。


4
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ピーリング石鹸は美肌をつくる美容石鹸「ピーリング石鹸とケミカルピーリングの違い」 [ピーリング石鹸]

ピーリング石鹸は美肌をつくる美容石鹸


石鹸の中でもピーリング石鹸は美肌をつくるといわれる美容石鹸です。


このピーリング石鹸という美容石鹸には、フルーツ酸などの薄い酸が配合されているようです。

配合されている酸によって古い角質を剥がし、肌の再生を促すことで、肌のくすみやしみ、

にきびやクレーターのようになってしまったにきび跡の改善に用いられています。

皮を剥くという意味が、ピーリング石鹸のピーリングにはあります。

ピーリング石鹸は、ケミカルピーリングがもとになっています。

これは肌のくすみやしみ、しわ、にきびやにきび跡の治療の方法のひとつです。

皮膚にピーリング剤を塗り、肌表面の古い角質を取り除くものが、

ケミカルピーリングというものです。

新しい皮膚を再生させる治療方法であり、

古い角質が取り除かれたことで新陳代謝が活性化していきます。

少し金額がピーリング石鹸の場合他の石鹸や洗顔料に比べると高くなるでしょう。

しかしケミカルピーリングにかかる治療費に比べたら格安なうえに、

自分で肌のケアができるということで、最近、人気の高い美容石鹸です。

肌に与える影響は、配合されている酸の量でが変わるのがピーリング石鹸の特徴です。

初めてピーリング石鹸を使う時は酸の配合量が少ないものを選び、

肌の状態を確認しながら酸の配合量を上げて行くとよいでしょう。

注意しなければならないのは、

肌の状態を確認せずにいきなり酸の配合量の多いピーリング石鹸を使ってしまうと、

返って肌を痛めてしまう結果になってしまうということです。気をつけましょう。


ピーリング石鹸とケミカルピーリングの違い


ピーリング石鹸を使用する際のメリットについて。

にきびには、洗顔料や治療薬などにきびケア用のものがたくさんありますので、

自分自身で手当てできることも多いでしょう。

しかししみやくすみ、そばかす、にきび跡などは、自分自身ではケアし辛いものです。

そういうわけで仕方なく化粧などでしみやくすみ、

そばかすなどを隠している人がが多いかもしれません。

酸によって古い角質を取り除いてしまうことで、

新しい肌に再生させていくようにするのがピーリング石鹸です。

ですからしみやくすみ、そばかすは勿論、にきび跡の改善にも役立つ可能性がある、

美肌のための石鹸なのです。病院やエステで行われるケミカルピーリングも、

一度だけと考えたならば受けられなくもない金額です。

でも一度のケミカルピーリングで、しみやくすみ、そばかす、にきび跡が目立たなくなるほど、

角質を溶かすことはできませんので、何度か通わなくてはなりません。

相当な金額が、病院やエステで行われるケミカルピーリングにはかかってしまうことも否めません。

ピーリング石鹸を購入しようと思ったら、普通の石鹸サイズが二千円ぐらいの予算になります。

普通の石鹸とピーリング石鹸を比べたら弱冠高価に感じますが、

何万、何十万円とかかるケミカルピーリングと比較するとかなり安上がりになるのがメリットです。

ピーリング石鹸を使えば、何度も通うこともなく、

毎日、自分自身で肌のお手入れをすることができます。

肌のためならお金がかかってもかまわないが、病院やエステに通う時間が作れない忙しい人は、

ピーリング石鹸があれば時間を気にせずピーリングができます。


ピーリング石鹸の使用方法と注意点


酸によって肌の古い角質を溶かして剥ぎ取る効果があるピーリング石鹸は、

普通の洗顔料を使う時より、少しだけ気をつけて使わなければならないものです。

肌に与える影響が、酸の配合量によって違いがあるのがピーリング石鹸の特徴です。

酸の配合量が少ないものを初めてピーリング石鹸を使う時は選びましょう。

そして酸の配合量が多いものへと、肌の状態を確認しながら変えて行くようにした方が良いでしょう。

ピーリング石鹸はしっかりと泡立てて使うことが大切です。

普通の洗顔の時でも同じようなことがいえますが、石鹸を肌に指で擦り付けるのではなく、

洗顔する時は泡を転がすように洗うと良いでしょう。

洗うときに指で擦るようにしてしまうと肌を傷つけてしまう可能性があるのです。

肌への刺激がピーリング石鹸を使う場合は普通の洗顔料より強くなりますので、

指で擦るような洗い方は絶対にやめましょう。

そういったことからも、ピーリング石鹸を使用する時には、きちんと泡立てることが重要なのです。

ピーリング石鹸を使用した後はしっかりと洗い流さなければなりません。

ピーリングをより効果的に行うために、

2分から3分程度泡を付けたままにしておくこともひとつの方法です。

でもピリピリとした痛みを感じるようだったらすぐに、

ピーリング石鹸を洗い流すようにしてください。

ピーリング石鹸を使った後の肌はとても敏感になっていて、

とても乾燥してしまうことがあります。

充分に保湿をして、洗顔後はお肌のケアを忘れないようにしましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

簡単にできるシワ取りの方法ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法 [しわ]

簡単にできるシワ取りの方法


加齢と共にシワは少しずつ増えていくものですが、対策方法がないわけではありません。

小じわ対策に、家でのシワ対策に取り組みましょう。

どんなシワも早めのケアでかなり改善できます。

まず目のまわりの小ジワを取る方法ですが、

これは肌の乾燥が原因ですのでとにかく水分を補給することが一番のシワ取り方法になります。

乾燥対策には保湿力の高いスキンケア商品を使いましょう。

化粧水などでふんだんに水気を与えてから、

片手でシワを広げつつアイクリームを軽く叩くように皮膚に含ませます。

このスキンケアを習慣化させ、

日々必ず行うことで小じわを小さく目立たなくさせていくことができ、予防にもなります。

怠りなく続行することが肝心です。

額や口元にできた深いシワを取りたいときはスキンケアとともに

顔の筋肉のマッサージをしてあげましょう。

アイウエオの形に顔を動かすアイウエオ運動を試してみてください。

手頃な鏡に顔を写し、「あ」と発音しながに大きく口を開けます。

これをあいうえお、で行います。コツは、顔の筋肉の運動になるよう意識し、

できるだけ大きな動作で行うことです。

また、シワの除去には、マッサージクリームなどを用いたフェイスマッサージもよいでしょう。

顔に刻まれたシワを小さく少なくしたい人は、

シワ取りのマッサージや運動に取り組んでみてはどうでしょう。

またシワを取るだけでなく今後のシワの予防にもなりますので、

それほどシワができていない人も続けることをおすすめします。

ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法

美容整形外科では、シワ取りを目的とした施術も行われています。

シワが出た部分の皮膚にヒアルロン酸を注入し皮膚を内側から押し上げるというもので、

家でのスキンケアでは対応しきれなくなったシワでも消すことができます。

ヒアルロン酸はもともと肌のハリや弾力、潤いを維持するのに欠かせない美容成分です。

そこでシワを取り肌のハリを取り戻すために科学的に合成したヒアルロン酸と呼ばれる薬品を

シワの部分に直接注射するのです。

コラーゲンを用いてのシワ取り美容整形が、今までよく使われていた施術内容でした。

しかし、コラーゲン注入の場合はアレルギーテストが必要で、

最初の診断から実際に処置が受けられるまで多少の時間がかかるデメリットがありました。

その点、シワの除去手術にヒアルロン酸を使う手法なら、アレルギーを確かめなくても使えます。

待たずにすぐ手術が受けられるので、

気軽にできるシワ取り手術としてヒアルロン酸を使う方法は人気が高いようです。

ヒアルロン酸注入はコラーゲンより効果を維持できる期間が長いのもメリットです。

注意しなければならないことは、

シワを目立たなくする効果はずっと続くものではないということです。

注入されたヒアルロン酸は体内で分解され吸収されますので

時間の経過とともに元に戻ってしまうのです。

半年~1年ほどでヒアルロン酸は分解されます。

期間には人によりバラつきがあります。

効果期間が限定的であることは、何度でもやり直しが効くというメリットもあります。

手軽にチャレンジできて効果を体感できますので、シワ取り初心者にはおすすめです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。