So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:しみとくすみ

しみとくすみ ブログトップ

老人性色素班によるしみやくすみ [しみとくすみ]

老人性色素班によるしみやくすみ


場合によっては、しみやくすみの正体が、老人性色素班であるようです。

30代の人や早い人では20代後半からできるしみやくすみで、

老人性という名称がついていますが若い人にもあります。

40歳代では6割の人にあり、大きなものでは数㎝にもなる場合があるそうです。

老人性色素班の原因は、長年の蓄積による紫外線の影響です。


いわば5年~20年前からの紫外線の影響で細胞の核が弱まり、

メラニン色素を過剰に生成することが常態化しているのです。

直接的な原因というわけではないのが、

加齢がです。強い紫外線の下で日常の作業やスポーツを若い頃からしていた人や、

色白の肌をしていた元々紫外線に弱い人にできるといいます。

紫外線を浴びる機会が多い、顔だけでなく手の甲や肩などの場所にしみやくすみができるといいます。

しみやくすみが顔や身体に増えると老けて見えてしまい実年齢からかけ離れてしまうので、

何らかの対策をすることをおすすめします。

できるだけ紫外線を浴びないことが予防になりますが、

一旦濃くなった老人性色素班の完全な除去は困難です。

皮膚科や美容外科ではケミカルピーリングやレーザー照射による施術が可能ですが、

肌質によっては痕が残ってしまうことがあり、事前にカウンセリングを受けることをおすすめします。

心がけを毎日することによってしみやくすみのない状態を保つことがつながっていくのが、

将来の美白なのです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

しみやくすみの原因と対策 [しみとくすみ]

しみやくすみの対策

何か女性にとって気になるのが、しみやくすみなどの肌トラブルではないでしょうか。

睡眠不足の翌朝など特に顔色が良くない場合、一層目立ってしまうのが目の周りのしみやくすみです。

くすみやしみにしみに目がむしろいってしまうのではないでしょうか。

いろいろな化粧品メーカーが最近はしみやくすみをカバーする化粧品を販売しているそうです。

しみやくすみを目立たなくすることにも、ファンデーションやコンシーラが効果的だといいます。

できることなら取り組みたいのが、根本的なしみやくすみの改善です。

くすみやしみを解消するために活発にしたいのが肌の新陳代謝で、

肌を新しい皮膚細胞の作りやすいものにしましょう。

新陳代謝を良くするには、栄養の偏りのない規則正しい食生活や、

質のいい睡眠、ストレスを蓄積しないことがポイントです。

肌の健康を保つために、ビタミンCを含む食品を意識して摂取するようにしましょう。

アルコールや喫煙も極力抑え、過剰な糖分や油脂の摂取は控えることは、

健康なお肌の状態を保つためにも不可欠です。

肌荒れの原因になるのが、ストレスです。

新しい細胞が作られる機会が確保されるのが、夜更かしをせず、十分な睡眠をとることです。

十分な保湿をすることと、正しいスキンケアでお肌を清潔に保つことです。

潤いが保たれ、きれいな状態である方が代謝が活発になるのが肌の特徴です。

小さなことかも知れませんが、全てがしみやくすみの改善につながっているので、

毎日のスキンケアを続けることは、重要です。


しみやくすみの原因

気になるしみやくすみという状態になるのは、肌で生成されたメラニン色素が沈着したからです。

皮膚の細胞を守るメラニン色素は、紫外線などの刺激で生成されるものです。

皮膚に一定期間留まった後、

本来ならばメラニン色素は体外に肌の新陳代謝で排出されて消えてしまうものです。

ですが過剰にメラニン色素が生成されると、肌に残ることになるのは、

代謝での排出が追いつかないからです。しみやくすみの原因です。

長期に渡る肌の炎症や紫外線の影響などにより、

メラニン色素の過剰生成がおきしみやくすみの原因となるようです。

にきびや皮膚のかぶれが悪化して、しみやくすみに色素が沈着してなることもあるといいます。

古い皮膚が、高齢による代謝の低下や肌の乾燥、血行不良によって排出されにくくなるといいます。

残りやすくなることもあるのが、メラニン色素です。

紫外線や乾燥の影響を肌が敏感になっているために受けやすくなっていたり、

女性ホルモンの影響でメラニンの過剰生成が行われる場合があるのが、妊娠中や生理中です。

メラニン色素の沈着のほか、角質層が厚くなって透明感を失ってしまったり、

血流不全で毛細血管に濁った血液が流れていることが原因で、くすみが起こります。

原因によってそれぞれ違のがしみやくすみ対策ですので、

自分の肌の状態やその原因を探るところからまずは始めてみてはいかがでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
しみとくすみ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。