So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:日焼け

日焼け ブログトップ

日焼け対策とその方法「日焼け対策と食べ物 [日焼け]

日焼け対策


きちんと日焼け対策をしないとシミやしわの原因になるので、

だんだん日差しが強くなるこの季節は気を付けなければなりません。

どのような対策をすれば、日焼けをしないでいられるのでしょうか。

日焼け対策について詳しく話す前に説明しておきたいのが、

日焼けがどうして起こるのかと言うことです。

たくさん太陽の光を浴びたことが要因で日焼けすると思う人が多いのではないでしょうか。

日焼けと太陽の光というのは関係がないのが事実です。

日の光が弱い冬や曇りの日でも、

日焼けをスキーやスノボなどですることはよく知られていることです。

太陽の光が弱い曇りの日でも日焼けするのは、日焼けの原因が紫外線というものだからです。

紫外線をたくさん浴びると日焼けするのですが、紫外線は太陽光線の一種で、晴れの日だけでなく、

曇りの日でも降り注いでいるといいます。

皮膚は過度に日焼けすると乾燥しやすくなりますので、肌にとって日焼けは良くないのです。

肌の老化を促進し、結果としてシミやシワなどになる可能性が高くなります。

日焼けは皮膚がんといった深刻な問題を引き起こす原因となる場合もあるので、

日焼けは肌にとって避けて通りたいものです。

季節が夏近くになると、あちこちで日焼け対策という話になります。

おすすめなのは、暑い季節はもちろんのこと、年間を通して常に日焼け対策をすることです。

日焼け対策とその方法


日焼け止めクリームを思い浮かべる人が、日焼け対策と言うとたくさんいるのではないでしょうか。

日焼け止め対策として、クリームを使う場合注意して欲しいのが、SPFとPAと言う指数です。

SPFと言うのは、中程度の波長の紫外線を防ぐ指数の事です。

PAというのは、同じように長い波長の紫外線を防ぐ指数の事です。

短、中、長と3つの長さがあるのが、紫外線の波長です。

中と長の2つの紫外線が、私たちに影響があるといわれているものです。

日焼け止めを買う際は、SPFとPAを確認して買いましょう。

汗などに日焼け止めは強いとはいえ1日中は持ちませんので、

朝出かける時に塗るだけでは効果がありません。

たとえ海など水に入るわけではない普段の生活をする場合でも、

おすすめなのは1~2度塗り直しすることです。日焼け止めを塗るだけではなく、

日傘、帽子、サングラスなどといった小物も活用することで、日焼けの対策になります。

つばの広いタイプを選ぶと紫外線を遮る役目もしてくれ、

頭皮や髪などを守ってくれる大切な日焼け対策のひとつが、特に帽子はです。

サングラスはUVカット機能などのあるものを選ぶようにしましょう。

目も紫外線の影響を受けていることを、私たちは、普段はあまり気にしていないものです。

紫外線は決して目にとって良いものではないといえるでしょう。

サングラスを選ぶ際は、必ずUVカット機能があるかどうか確認して、

しっかりと日焼け対策をしていただきたいものです。


日焼け対策と食べ物


日に焼けないようにする為に大切なのは、日焼け対策を怠らない事です。

適切な対策をすることで、肌トラブルを防ぐ事が、日焼けしてしまった場合でもできるようです。

紫外線を肌に受けるとたくさん発生するのが、活性酸素といわれる体を酸化させる素です。

体を酸化させるというのは、鉄などが酸化して錆びるのと同じように、

体の老化を進める原因となります。

ビタミンが有効だと言われているのが、活性酸素を抑えることです。

ビタミンを積極的に摂取することを、日焼け対策をするならおすすめだといえます。

ビタミンの豊富な食べ物を摂るようにすれば、日光を上手に遮る方法も大切ですが、

体の中からも日焼け対策をする事も不可能ではありません。

ビタミンC、E、B2やカロチンなどが、

ビタミンの中でも日焼け対策には有効な栄養素だといえます。

サプリメントなどでも勿論かまいませんが、

これらのビタミンが特に旬の野菜にはたくさん含まれているといいます。

1日に1回でも日焼け対策に役立つビタミン成分が含まれた野菜や、

フルーツ食べるようにしましょう。日焼け対策というと、美容クリームを使ったり、

帽子などで肌を隠す事ばかりが取り上げられがちです。

日焼け対策を毎日の食生活でも取り入れることが可能ですので、

おすすめなのは少しずつでもはじめてみることです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼け止めクリーム使用法と紫外線 [日焼け]

日焼け止めクリームと紫外線


日焼け止めクリームは、普通女性は5月くらいから化粧の下地用として使用します。

夏だけではなく、初夏の前から日焼け止めクリームを使用することは、

紫外線を防止するための当たり前のこととなりつつあります。

紫外線の量は、日焼け止めクリームの使い方に大いに関係してくるのです。

皮膚は体のもっとも外側に存在している部分ですが、

その外側から言うと、表皮、真皮、そして皮下組織の3つの層で形成されているというのが、

皮膚の構造なのです。皮膚組織の中の表皮は、体の中を有害なもの、

たとえば化学物質や紫外線などから保護する役をしています。

表皮は角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4層からできており、

表皮細胞は基底層で生まれます。それから有蕀層、顆粒層、角質層へと押し上げられ、

最後には角質層からアカとなって剥がれます。

このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、

28日の周期で皮膚は新しく生まれ変わります。

日焼けのメカニズムは、

基底細胞の間には点々と存在するメラノサイトがつくる

メラニン色素が日焼けの原因となっています。

メラニン色素はこのように日焼けの原因になっていますが、

皮膚細胞が紫外線で破壊されないように守るという働きもしているのです。

けれども、紫外線によって過度に日焼けすることは決して皮膚の健康ためにはよくないので、

肌の老化したりしみやしわを作らないためにも、

できるだけ日焼け止めクリームで日焼けを防ぐようにすることが大切なことなのです。

美しく健康的な肌を維持していくためにも、

日焼け止めクリームを使って肌を紫外線から守るようにすることが大切です。


日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点

日焼け止めスキンケア商品は数多くありますが、

日焼け止めクリームはその中でももっともよく使われるタイプです。

数多くあるスキンケア商品は、今ではスーパーやドラッグストア、

そしてコンビニでも簡単に手に入るようになっています。

日焼け止めクリームは、紫外線を防止するための大切なアイテムですが、

実にさまざまな種類の日焼け防止商品が出回っており、

その分買い求めるときに注意しなければならないこともあるのです。

まず日焼け止め用品にはSPFの値が必ず書かれてあります。

シミやそばかす、そして皮膚がんの原因でもある紫外線B波を遮断する力を表しているのが、

SPF値です。日焼け止めクリームなど何も付けていない素肌と

比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍に延ばすことが出来るかという目安です。

たとえばSPF値が2であれば、日焼けが始まるまでの時間を3倍まで延長できるということです。

また、SPF値と同様に記されている数値があり、これがPA値です。

このPA値は紫外線A波(UVA)を遮断する力で、+、++、+++という3段階で表されますが、

紫外線A波は皮膚を黒くする上にしわやたるみの原因にもなるのです。

また肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、


日焼け止めクリームの中でも香料や着色料、そして防腐剤、

紫外線吸収剤などが使用されていないものを選ぶようにするといいでしょう。

肌を守るための日焼け止めクリームも、長時間つけていると肌へ負担をかけることになります。

SPFもあまり高すぎると日焼けよりも今度は肌への負担が心配になるので、

日常ではSPF20程度の日焼け止めクリームで十分でしょう。

日焼け止めクリームの使用方法


その人それぞれに生活スタイルも違い、外出の状況も違うので、

日焼け止めクリームもそれに合わせて使うようにするといいでしょう。

紫外線を防止するには、さまざまな日焼け止めクリームの使い方で効果をあげることができます。

普段はほとんど職場や家の中で仕事をしているという人であれば、

日に当たる時間もぐっと少なくなります。

日焼け止めの化粧品は、日に当たる時間が1日で20~30分程度なら、

特に毎日使用することもないのです。

1日中日焼け止めクリームをつけていると、肌に負担をかけてしまい、

かえって肌をいためてしまいます。

ファンデーションに紫外線防止効果のあるものを使い、

日焼けする部分に多く塗るようにするだけで、日焼け防止になります。

真夏には普段のスキンケア用品やほかの化粧品も使い、

日焼け止めクリームは部分的に塗るようにすれば日焼けの対策として十分です。

主婦のように、買い物、洗濯物を干すなど家事で一日に何度も日光に当たるような人でしたら、

SPF20、PA++位の日焼け止めクリームを朝のスキンケアの後に使用します。

その後は、パウダーファンデーションを一緒に使うと、より紫外線防止に役立ちます。

紫外線が当たりやすい額、鼻、ほほ骨の部分には、日焼け止めクリームを少し多めに塗ると、

紫外線対策としてより効果的です。

屋外のレジャーに出かけて長時間日差しを浴びるような場合は、

SPF値が高めの日焼け止めクリームを使用し、

SPF20程度のものを重ね塗りするようにすると、

紫外線対策として効果があがります。

日焼け止めクリームを使用した後のクレンジングも大切なポイントで、

日焼け止めクリームはファンデーションに近い成分のため洗顔料だけでは完全には落ちないので、

クレンジング料と洗顔料でのダブル洗顔のあと、

しっかり化粧水と保湿をして肌をケアしましょう。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

日焼けと日焼け止めクリームと皮膚の関係 [日焼け]

日焼けと日焼け止めクリーム


皮膚は紫外線にさらされて、赤くなり炎症を起こしたりすることもありますが、

これが日焼けなのです。

メラニン色素が皮膚表面に沈着することも日焼けといいます。

日焼けが発生するのは、太陽によって紫外線が皮膚に照射されたとき、

また紫外線の人工灯を使ったと

きにその照射が激しかったときに起こります。

メラニンの保護能力が、皮膚に向けられた紫外線から守りきれなかったときに日焼けが起こります。

このメラニンの保護能力の多さの問題により、

肌が黒い人は白い人に比べて日焼けしにくいというわけです。

日焼けが起きる最大の原因はもちろん紫外線です。紫

外線には3つ種類があり、長波長紫外線、中波長紫外線、短波長紫外線に分けられます。

日焼けを起こす紫外線は、発がん性物質をもたらすといわれているため、

外で長時間日に照らされるようなときは、

UV効果のある日焼け止め化粧品などを使ったほうがいいでしょう。

日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですむのです。

日焼け止めクリームには、たいてい日焼け後の肌のほてりを抑えるような効果も持っています。

最近の日焼け止めクリームはスベスベしていて肌への感触もよく、

のびが良い日焼け止めクリームも増えています。

以前に比べればずっと塗りやすくなっているので、

いつも持ち歩いてそのつどぬるようにすることをお勧めします。


日焼けの原因と対策 日焼けの原因は紫外線ですが、

紫外線は日焼けを作る一部分でしかありません。

日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、

紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。

メラニン色素が生まれると、同時にしみやそばかすもできてしまいます。

紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。

皮膚を黒くするのはUVAで、また皮膚を赤く日焼けさせるのはUVBなのです。

紫外線のせいで、毎日の暮らしの中でも日焼けをすることになるのです。

外出の際は、紫外線から肌を守るために、日焼け止めクリームなどを必ず塗るようにしましょう。

日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、

薄く塗る人が多いようです。

薄くのばしすぎるのは落ちやすくするだけで効果がなく、

化粧とともに落ちてしまったり、汗と一緒にふきとられてしまったりもします。

日焼け止めクリームの効果が無いのと一緒です。

やはり日焼け止めという目的のためにはたっぷりと塗って、

できれば2,3時間ごとに塗りなおすようにすると、

日焼け止めの効果を最大限に生かすことができます。

いつでも携帯して、外出の際にすぐ塗りなおしもできるようにしましょう。




日焼けと皮膚の関係

日焼けから来るイメージは人により様々だと思いますが、

人の皮膚にはよくないことも少なからずあります。

日焼けした肌を単に健康的でいいと見ていた昔と違い、

今ではそれだけのイメージではとらえないようになりました。

日焼けがもとで体を悪くしてしまうこともいろいろ研究されており、

日焼けが原因で白内障になるということもわかっています。

紫外線が皮膚に入り込むと、皮膚からはメラニン色素が生まれ出され、

皮膚にそのまま侵入させまいとするために起こる現象が、日焼けなのです。

日焼けはシミやシワをはじめとする皮膚の老化にもつながる要因になるため

20代以降の女性は特に注意が必要です。

日焼けをしてしまうような環境の中でも、

ひとつだけいいものは太陽のひかりなのです。

体内ではビタミンDを作り出すことができるという太陽の光は、

適度に体が浴びるとよいものなのです。

紫外線を長年にわたって浴び続ければ慢性障害として光老化が起こります。

この現象は歳をとったあとで現れて、しわや色素斑しみ、

さらには皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍までにもなることがあります。

紫外線が影響して、皮膚の免疫反応が抑えられてしまうということも、

最近の研究でわかっています。

特に皮膚が弱くもない人であれば問題のない日光が、

ある特定の皮膚の弱い人にとっては皮膚障害症状を起こしてしまう、

光線過敏症も、紫外線でおきるのです。日焼けの悪影響の知識もしっかり持った上で、

健康を維持できる程度に日の光を浴びるようにするといいですね。



日焼け止めクリームの成分


日焼け止めクリームは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という2つの成分から作られているのです。

日焼け止めクリームの成分、紫外線散乱剤は、紫外線の刺激から肌を守ることなのです。

肌が紫外線散乱剤でおおわれると、紫外線が反射されて、

肌は日焼けから逃れられます。

この紫外線散乱剤は、紫外線から大切な肌を守りますが、

紫外線吸収剤よりも肌に与える負担が軽いのが特徴です。

紫外線吸収剤があまり多く配合されていない日焼け止めクリームは、

紫外線をカットする力も低めです。

主として紫外線から肌を守る紫外線散乱剤の働きに頼っているということでしょう。

その名の通り、紫外線吸収剤の働きは、紫外線を吸収することというわけです。

それから紫外線が肌へ浸透するのを防ぐために、

紫外線を熱エネルギーに変えるという働きもします。

こんな働きをする紫外線吸収剤にも難点があって、

紫外線を吸収する代わりに酸化を起こすため、肌への負担はどうしても増えてしまいます。

そのため使用頻度が高くなればなるほど、

肌にストレスがかかって肌が荒れてしまうかもしれません。

日焼けを防止するためには、

紫外線をカットする力の大きい日焼け止めクリームは大いに役に立ちます。

しかし肌の健康を考えれば、過剰に使うことは危険かもしれません。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
日焼け ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。