So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:顔のエステ

顔のエステ ブログトップ

エステのマッサージと種類と効果 [顔のエステ]

エステのマッサージ

マッサージならエステに行くのもおすすめです。

女性にとってエステティックサロンで、リンパマッサージや痩身マッサージ、

美顔マッサージなどを受けるというのは本当に至福の時といっていいのではないでしょうか。

エステの目的は、まずは美しくなることです。エステに行く目的は外見を良くするためですが、

その過程で心地のいい時間を過ごせるために、そのことが目当てという方もいます。

日頃のマッサージより、エステのマッサージは数段リラックスできるといいます。

エステのマッサージケアと、自宅で行うマッサージの違いとは、果たして何なのでしょう。

腰や肩の筋肉の強ばりを取り除くものが、家庭でのマッサージが目指すものです。

停滞してしまった血液の流れを良くして、身体のコリを改善する事が目的です。

エステのマッサージコースでは、もみ方や目的がそれぞれ全く別になります。

リンパ液やリンパ液の流れを改善し、

本来なら体外に出ていなければいけない

水分や老廃物を排出させることで肌の新陳代謝を高める効果が期待できるのです。

家庭で行われるマッサージとエステのマッサージは方法が異なるだけでなく、

何のためにするかも違うのです。エステで行うマッサージは効果も影響も多様ですので、

どういった作用が得られるかを把握した上で受けるようにしてください。


エステマッサージの種類

エステごと、コースごとにマッサージ内容は違います。

リンパマッサージやフェイシャルマッサージの他にも、

全身の痩身マッサージ、脚痩せマッサージ、小顔マッサージなどがあります。

停滞気味のリンパの流れを促進するリンパマッサージは、多くのエステにあります。

リンパマッサージは、体の中を流れているリンパ液の循環を

活発にするために施されるマッサージです。

皮脂や老廃物などを排出しやすい体にする為、デトックス効果が期待できます。

体重を減らすためにエステでマッサージを受ける人がいますが、

これは新陳代謝を良くし脂肪を燃やす効果を求めるものです。

ダイエットには食事量を減らし摂取するカロリー量を調整することも大事ですが、

代謝を促進することで消費カロリーが増やせます。

美顔マッサージと言うのはやはりリンパの流れを整えたり、

刺激する事でむくみをとって、小顔にしてくれる効果があります。

脚へのマッサージは、脚に蓄積されている脂肪や停滞しているリンパの代謝を改善するものです。

むくみを取り除き引き締まった足にする効果が、足のリンパマッサージにはあります。

エステのマッサージ施術は、部位やマッサージ方法によって色々です。

エステには、ヘッドスパという頭のマッサージや、



アロマオイルを使う独自技法のマッサージなど、様々なテクニックがあります。


エステマッサージの効果

マッサージをエステで受けることで、痩身効果や美肌効果、

全身のシェイプアップなど色々なメリットが得られます。

エステに行く目的は、多くの場合きれいになることではないでしょうか。

むくみなど原因になる老廃物は、マッサージで体外に排出しやすい状態になれるといいます。

むくみがへったり、お肌にハリがでたり、

お肌の再生を促してくれるのでくすみがちだったお肌を白いみずみずしくしてくれます。

体重を減らしたくてエステに通うという方もいます。

食事を減らし、運動をするという定番のダイエットだけでなく、

マッサージによって体重を減らすという方法もあります。

適度な痩身とむくみの改善ができれば、とても快適な体になれます。

エステのリラックス効果というのは、マッサージ自体にもあります。

いい香りのアロマオイルを使ってマッサージをするというエステも人気があります。

いいにおいに囲まれた空間でプロのマッサージをしてもらうことで、

張り詰めていた気持ちが楽になって気持ち良くなります。

エステでマッサージを受けることでストレスを解消し、リフレッシュができます。

自律神経の乱れを整えたり、集中力を高めて物事に取り組みやすい状態になれます。

気持ちがよいと言うのもありますが、

エステのマッサージには精神的な面をリフレッシュさせてくれる効果もあるのです。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

フェイシャルエステとピーリング石鹸のメリットと使い方 [顔のエステ]

フェイシャルエステとは

エステサロンでは、フェイシャルエステをメインとして、最もよく行っているようです。

名前からわかるように、フェイシャルエステとは、顔のエステのことです。

フェイシャルエステを施すと、ふたつの効果が現れてきます。

まず第1の効用は、フェイシャルエステを行うと、顔が美しくなることです。

それにはホワイトニング、ケミカルピーリング、リフティング、

アイケア、オイルパックなどがあります。

フェイシャルエステのもう一つの大きな効果は小顔、痩身効果です。

マッサージによって頬やあごの筋肉に働きかけ、

血行をよくすることで二重あごや下膨れが治ります。

フェイシャルエステで行われるマッサージは、むくみやたるみを改善するだけではないのです。

肌の新陳代謝が促されるため、肌も大変きれいになります。

マッサージやパックなどは、自宅で自分の手でも行えるエステです。

けれどもたまには専門の人の手で、自分の肌に合うローション、

パックを選んでもらい、贅沢なマッサージを体験するのもいいでしょう。

プロのフェイシャルエステを経験することで自分の我流で行っていた

フェイスマッサージの間違ったところなどを知ることもできるかもしれませんね。


フェイシャルエステは定番エステコース


フェイシャルエステは、エステサロンであれば必ず行っている、

最もポピュラーなエステです。

エステサロンそれぞれに、そのサロンだけのメニューを組んでフェイシャルエステを行います。

その中でも、ほぼどこのエステサロンでも行っているエステをご紹介します。

まず美白が目的のホワイトニングは、しみ・そばかすを除去してくすみのない白い肌を作ります。

ここではマッサージに美白のためのホワイトニングクリームなどを使用し、

白い肌に仕上げるのです。

また、ケミカルピーリングと呼ばれるフェイシャルエステでは、にきび跡をきれいにします。

この方法は、肌に酸性の薬剤を塗りながら、古い角質層を取り除くことにより、

にきび跡をきれいにするものです。

しわをのばし、たるみやむくみも解消するフェイシャルエステもあり、

これはリフティングといってフェイスラインを整えるのです。

フェイシャルエステでは、目のケアをするエステもあります。

ここでは目元のエステを中心に行い、パックやトリートメントをし、

マッサージを施すことで、目元のしわやたるみをなくすようにし、

目元をきれいにさせるのです。エステサロンの中には、

フェイシャルエステに超音波美顔器を使うところもあります。

これを使用すると、血行促進・ひきあげ・ピーリング、

それからうるおい成分とビタミン補給が同時に行なえるということなので、

なかなか優れた機器といえるかもしれません。


フェイシャルエステの手順

フェイシャルエステは、それぞれのエステサロンで独自のメニューが進められています。

その中でも特に人気のあるフェイシャルエステコースを紹介しましょう。

フェイシャルエステを施す前には、

どこのエステサロンでもたいていカウンセリングがあり、

どのような希望があるか、どんなところを気にしているかなどを細かくチェックし、

それから実際のメニューができあがります。

カウンセリングの後には、肌の質を調べるために実際に肌の触診があります。

触診の結果から見て、どんなところをマッサージしたらよいか、

どんな化粧品を使うかなどが提示されます。

マッサージでは、肩や背中など、こりや疲れを感じるところ、

それから手の力の入れ具合などを聞きながら、

その人の好みにじょうずに合わせてマッサージ具合を決めていくのです。

マッサージが終わったら、クレンジングを3段階ほど通過して、

皮脂膜を取りすぎないようにしながら毛穴をきれいにします。

クレンジングの際は、肌が敏感な人には刺激の少ない化粧品を選びます。

クレンジングステップの次は、メインのオールハンドによるマッサージが行われます。

顔の特に気になる部分をしっかりマッサージするのが、

このオールハンドによるメインのマッサージですが、

特に疲れのです目の周辺や、たるみの出やすいあごなどを、集中的にケアします。

最後は、その人それぞれの肌質と悩みに合ったマスクを選び、

顔をマッサージしながらフェイスマスクをします。

フェイスマスクにより、活性化した肌をゆっくりとクールダウンさせる効果があります。


ピーリング石鹸とは

エステサロンで使われる石鹸に、ピーリング石鹸というものがあります。

エステ関連の宣伝などで、ケミカルピーリングという言葉を聞くことがありますが、

実際には、どんなことを行うものなのでしょうか。

にきびやにきび跡、しみ、しわ、くすみなど様々な肌のトラブルがありますが、

酸を使って肌を溶かしこれらを取り除くことができます。

このケミカルピーリングには酸を使いますが、酸と言っても非常に弱いものを使います。

医療機関やエステサロンで行われるのがケミカルピーリングですが

自分でも行う方法があり、それにはピーリング石鹸を使うといいのです。

ピーリング石鹸は薄い酸を含んだ美容石鹸なので、毎日の洗顔に利用すると、

エステサロンで行われる専門的で高価なケミカルピーリングの代わりとして

ケアすることもできるのです。

ピーリング石鹸は1セット11個なので、

価格は2000円くらいと普通の石鹸に比べると少々高めですが、

使い切るには約1ヶ月かかるのです。

少々高価でも、エステサロンでケアするよりは、安価ですみます。

ピーリング石鹸は、このようにエステサロンに通う必要もなく、

自分で手軽ににきび跡などのケアが可能だということで、

大変評判になっている美容商品です。

ピーリング石鹸の使い方は、

ごく基本的な洗顔をするだけで、それでも十分ピーリングの効果が得られるのです。

いつもどおりに洗顔して洗い流せば古い角質が流れおち、

きめ細かいきれいな肌を取り戻すことができるのです。

にきびなどの肌トラブルを抱えている人は、ピーリング石鹸を使ってみるといいかもしれませんね。


ピーリング石鹸のメリット

いろいろな肌のトラブルを解消してくれる美容石鹸が、ピーリング石鹸です。

具体的にこのピーリング石鹸を使うメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

ピーリング石鹸を使って現れる効果は、にきびを予防するだけではありjません。

たとえばにきび跡をきれいにし、しみやしわ、そしてそばかすなども消すことができる石鹸なのです。

ピーリング石鹸は肌の表面の古い角質を溶かして落としますので

ニキビ跡も一緒にそぎ落としてくれます。

ピーリング石鹸が古い角質を溶かし落とすと、

その後には新しい皮膚が現れるのですが、

それを繰り返すうちにしみやそばかすなども消されるのです。

古い肌にある傷や不純物は、

ピーリング石鹸が古い角質を溶かし落とすときに同時に取り除かれるので、

肌はどんどんきれいで健康になっていくのです。

エステサロンのケミカルピーリングが行われる費用は、

1度ではそれほど効果ではありません。

しかしエステサロンできちんとしたピーリングを行って効果を得ようとすれば、

何度も通う必要があるため、ある程度の費用は覚悟しなければなりません。

ピーリング石鹸を利用することで、

エステサロンと同じようなケミカルピーリングの効果を毎日手軽に、

しかもそんなに費用もかけずに行うことが可能になるのです。

このようにメリットがあるピーリング石鹸は、

肌トラブルに大いに役に立つはずです。

ピーリング石鹸にはこのようにさまざまなメリットがあるので、

ぜひ毎日の洗顔に使うようにして、きめ細かい肌を目指しましょう。



ピーリング石鹸の使い方

ピーリング石鹸を利用すると、自宅でも気軽にケミカルピーリングが行えます。

美しい肌を手に入れるには、ピーリング石鹸をどのように使っていけばいいのでしょうか。

ピーリング石鹸を使う前には、あらかじめ顔をぬるま湯でぬらしておきます。

しっかりした泡をたてるのがピーリング石鹸を使う際の大切なことで、

それにはネットを利用してあわ立てると簡単にたくさんの泡が立てられます。

顎やおでこなど角質が気になるところからマッサージしながら洗っていきますが、

このとき円を描くようにくるくると回すようなマッサージをすると効果的です。

ピーリング石鹸で洗うときは指で洗わずにあわ立てた泡で洗うような感じで洗顔するようにします。

指を使ってピーリング石鹸の洗顔をすると、肌が傷つく恐れがあるので気をつけなければならず、

唇や目元には石鹸をつけないようにする必要があります。

気になる部分をより効果的にケアするには、

その部分に泡をつけて3分そのままにする方法がありますが、

肌の弱い人には刺激になって、ぴりぴりするときもあるので、

そのときはすぐに洗い流すようにしましょう。

泡をつけてしばらく時間が経過した後はしっかりと泡がなくなるまで洗いながします。

ピーリング石鹸で洗顔した肌は、とても敏感な状態になっているので、

しっかり保湿してあげましょう。

ピーリング石鹸は非常に溶けやすいので使用後できるだけ水気を切っておくことをおすすめします。

お風呂場に置いたままにしたりすると、

湿気で溶けるので別のところで保管しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
顔のエステ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。