So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:しわ

簡単にできるシワ取りの方法ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法 [しわ]

簡単にできるシワ取りの方法


加齢と共にシワは少しずつ増えていくものですが、対策方法がないわけではありません。

小じわ対策に、家でのシワ対策に取り組みましょう。

どんなシワも早めのケアでかなり改善できます。

まず目のまわりの小ジワを取る方法ですが、

これは肌の乾燥が原因ですのでとにかく水分を補給することが一番のシワ取り方法になります。

乾燥対策には保湿力の高いスキンケア商品を使いましょう。

化粧水などでふんだんに水気を与えてから、

片手でシワを広げつつアイクリームを軽く叩くように皮膚に含ませます。

このスキンケアを習慣化させ、

日々必ず行うことで小じわを小さく目立たなくさせていくことができ、予防にもなります。

怠りなく続行することが肝心です。

額や口元にできた深いシワを取りたいときはスキンケアとともに

顔の筋肉のマッサージをしてあげましょう。

アイウエオの形に顔を動かすアイウエオ運動を試してみてください。

手頃な鏡に顔を写し、「あ」と発音しながに大きく口を開けます。

これをあいうえお、で行います。コツは、顔の筋肉の運動になるよう意識し、

できるだけ大きな動作で行うことです。

また、シワの除去には、マッサージクリームなどを用いたフェイスマッサージもよいでしょう。

顔に刻まれたシワを小さく少なくしたい人は、

シワ取りのマッサージや運動に取り組んでみてはどうでしょう。

またシワを取るだけでなく今後のシワの予防にもなりますので、

それほどシワができていない人も続けることをおすすめします。

ヒアルロン酸注入によるシワ取り方法

美容整形外科では、シワ取りを目的とした施術も行われています。

シワが出た部分の皮膚にヒアルロン酸を注入し皮膚を内側から押し上げるというもので、

家でのスキンケアでは対応しきれなくなったシワでも消すことができます。

ヒアルロン酸はもともと肌のハリや弾力、潤いを維持するのに欠かせない美容成分です。

そこでシワを取り肌のハリを取り戻すために科学的に合成したヒアルロン酸と呼ばれる薬品を

シワの部分に直接注射するのです。

コラーゲンを用いてのシワ取り美容整形が、今までよく使われていた施術内容でした。

しかし、コラーゲン注入の場合はアレルギーテストが必要で、

最初の診断から実際に処置が受けられるまで多少の時間がかかるデメリットがありました。

その点、シワの除去手術にヒアルロン酸を使う手法なら、アレルギーを確かめなくても使えます。

待たずにすぐ手術が受けられるので、

気軽にできるシワ取り手術としてヒアルロン酸を使う方法は人気が高いようです。

ヒアルロン酸注入はコラーゲンより効果を維持できる期間が長いのもメリットです。

注意しなければならないことは、

シワを目立たなくする効果はずっと続くものではないということです。

注入されたヒアルロン酸は体内で分解され吸収されますので

時間の経過とともに元に戻ってしまうのです。

半年~1年ほどでヒアルロン酸は分解されます。

期間には人によりバラつきがあります。

効果期間が限定的であることは、何度でもやり直しが効くというメリットもあります。

手軽にチャレンジできて効果を体感できますので、シワ取り初心者にはおすすめです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

シワの原因と対策 [しわ]

シワの原因

シワができる原因はどのようなものなのでしょうか。

人間である限り、長く生きているとどうしても肌にシワが刻まれてしまうものですが、

できるだけシワを減らしたいと願う人は決して少なくありません。

肌の保湿力が弱くなることが、シワのできる理由の一つです。

目元や口元に小さなシワが出るのは、乾燥でその部位の保水力が落ち、弾力が失われたためです。

最近はエアコンなどによって1年中空気が乾燥していますので注意が必要です。

シワ対策には、乾燥した環境から肌をいかに守っていくかという点も見逃せません。

保湿成分を含むスキンケア商品を活用してお肌の水分を補うことができれば、

シワを消すことが可能です。

この小ジワを放置しておくとあっという間にシワだらけになってしまいますので

早めにシワ取りのケアをするようにしましょう。

深いシワとは、額や眉間にはっきりと現れるものや、ほうれい線に沿ってできるものです。

姿勢が悪かったり高すぎる枕で寝ていることによって首にシワができることもあります。

深いシワは肌が硬くなって、

形状記憶されてしまっているのでスキンケアやシワ取りマッサージなどで

顔の筋肉を動かすことで改善していきましょう。

効果的なシワ取りを行うためには、

自分に出来たシワの成り立ちをよく理解すると対処がしやすくなります



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

シワ取りの仕組みと手術と注射によるシワ取り [しわ]

シワ取りの仕組み


シワは加齢と共にどうしても増加します。


シワはなぜできてしまうのか、また、シワを取り除くためにはどうすればいいのでしょうか。


人生の年輪ともいわれるシワは、皮膚の下にある真皮層の内部が破壊されるために発生します。


真皮層はその70%がコラーゲンでできた弾力のある層ですが、


年齢と共に層が衰えることで表面に起伏ができてきます。

一方、皮膚の表面には皮溝と呼ばれる細いくぼみの線が網目状に走っています。


真皮層が壊れて波打つと皮溝が深くなりシワになりますが、


シワ取りはこの皮溝を浅くすることになります。


皮膚は筋肉の運動に沿って伸びたり縮んだりします。


目や口周辺のシワは最も気になる部分ですが、


この部分のシワは表情筋と呼ばれる顔面の筋肉によってできます。


普段はシワのない人でも、笑ったときには目尻・口元のシワがでます。


年を取ると、表情筋に力を入れていない時にもそのシワが残ります。

こういったシワはたいへん気になるものですが、


豊かな表情をする人や笑顔が多い人ほど横方向のシワができやすくなります。


顔にシワが出るのを嫌って表情もなく笑顔も見せずに生きていくよりも、


顔のシワをある程度受け入れつつ、ほどほどのシワ取りをしながら笑顔で人生を謳歌した方が、


充実した生き方と言えるのではないでしょうか。

手術によるシワ取り



現在では、シワの手術はかつてそうであったよりも手軽で安全なものになりました。


シワやたるみが発生しやすい顔の部分はたいてい一緒で、口元、目元、首、頬などとなりますが、


どこも手術でシワ取りをすることができます。


シワ取り手術は入院することは必要ありませんので、術後は翌日から人に会うこともできます。


手術ではシワや皮膚のたるみを切って取り除くため、

まつげの下や髪の中などに傷跡が残りますが目立たない場所なので大丈夫です。


シワ取りの手術後の状態は、仰向けになって鏡を見た時のような状態になります。


頬のシワや鼻の横のみぞに対しては、耳の上下付近でたるんでいる皮膚を切り取って、


筋肉を斜め方向に引き上げる形で手術を行います。


目元や鼻の横のシワを取ってしまうのにはこれが一番で、


皮膚だけを切り取ってシワを取り去るよりも、


筋肉を斜め方向に引き上げた方が効果が長く続きます。


目の下に対してシワ取りを行うには、まつげの生え際付近で皮膚を切り取ります。


皮下出血をしたような感じでまぶたの下に色がつくことがありますが、


これも一週間ほどで消えます。


額に対してシワ取りを行うには皮膚を切り取って引っ張り上げるわけですが、


皮膚の切り取りは髪の生え際よりも数センチ上で行われます。


額付近の皮膚は厚く、


このため手術した部分が腫れるようなことがほとんどないのが利点と言えます。

美容外科医の中には、表在性筋膜をたくし上げるなどの術式をとる者もいます。


注射によるシワ取り


シワを取る方法として、シワの下に薬液を注入してシワを消すというものがあります。


コラーゲンやヒアルロン酸が、シワ取り手術に使われている薬液です。


シワの下にこれらの薬液を注入することで、内部からシワを消すという方法です。


よく冷やした皮膚に細い針を注射をすることになります。


痛みは少なく、小ジワの処置なら20分程度とごく短時間で終わります。


ただし、この手術は定期的に行う必要があります。


注入するコラーゲンは、時間の経過と共に身体に吸収されるからです。


コラーゲンは、子牛の真皮層を精製したものを美容外科では用いています。


アレルギーテストが必要になりますので、


シワ取り手術を受ける前に1ヶ月は経過を見なければなりません。


ヒアルロン酸の注射による注入は、小鼻の両脇から唇の両端までにできるシワや、


目の下などのシワ取り治療として簡単安全な方法です。


ヒアルロン酸は元々真皮の中に存在し、


皮膚を押し上げてハリを持たせシワのない肌を作っている物質です。


ただし注射によって注入されたヒアルロン酸は、1年程度で分解されて肌に吸収され、


シワ取りの効果がなくなってしまいます。


シワ取りには、神経と筋肉の働きに作用してシワを消すというボトックス注入法があります。


額や眉間のシワに使用します。ヒアルロン酸注入とボトックス注入をうまく併用することで、


シワ消し効果が高まります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

シワのでき方 [しわ]

シワのでき方

生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚が一番良い状態ですが、加齢とともにシワが出来てしまいます。

シワも年齢によって異なります。

皮膚の老化はだいたい20代後半からはじまるのです。

そして年齢を重ねて出来るシワには年代によりそれぞれ特徴があります。

一般に20代後半からシワが出始める人が多いようですよ。

気になるほどではありませんが、法令線が目立つようになります。

ケアを怠るとだんだんと深くなってしまいます。

30代になると、筋肉の衰えにより、さらにシワが深くなります。

特に目じりにシワが出来始め、これは笑いシワとは異なり、表情を戻しても消えないシワです。

ついに40代になると、本格的に肌の老化現象がはじまります。

その理由の1つとして肌成分コラーゲンの量が半分以下に減少してしまうのです。

首やあごや、襟足にもシワができはじめ、さまざまの部分のシワができるようになります。

普段良く使う筋肉ではないところにできるので、消えるどころか深くなる一方です。

それから50歳代になると、部分的ではなく、顔全体。

特に唇や口の周りまでもあらゆるところに細かいシワからはっきりとしたシワまで全体的にシワが現れてくるのです。

シワは私たちの生きてきた証など言いますが、やはりいつまでも若くみられる肌でいたいものですよね。

たとえ、歳をたくさん重ねた人でも、シワの少ないみずみずしい肌の人はたくさんいます。

あくまでもこれは1つの目安で年齢とシワは比例しないのです。心から、若くいられること、シワができても「消してみせるわ!」という明るい希望をもてば、いつまでも若々しくいられるのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

シワができる原因 [しわ]

シワができる原因

シワは何故できてしまうのでしょうか。

加齢とともにシワは増えます。

肌の状態が老化して水分不足になったり、ハリがなくなったりしたり、加齢とともにシワが増えます。

このような肌トラブルにより肌が元の状態に戻らなくなるのがシワの原因です。

人間の肌は、真皮、表皮、皮下組織の3層で構成されています。

真皮が表皮を支え、皮下組織が表皮と真皮を支えています。

しかし、その真皮に含まれている筋肉などの皮下組織の衰えとコラーゲンの減少が、シワが出来るおもな原因になります。

細胞を破壊するのが紫外線です。

シワの出来る原因としてまず考えられるのがこの紫外線です。

またさらに、肌の水分が失われ、肌が乾燥してしまい老化を早めてしまいます。

そして肌成分コラーゲンをも傷つけてしまいます。

睡眠不足は健康にも良くないですし、不規則な生活は肌の新陳代謝に悪影響となってしまいます。

またエアコンによる乾燥もシワの一因になります。

肌荒れはシワの原因になります。ダイエットによる栄養不足や偏食は肌荒れを引き起こします。

普段の肌のお手入れにもシワの原因はあり、メイクが落ちていなかったり、洗顔がちゃんと出来ていなかったり。

肌トラブルは、自分に合わないメイク用品や化粧品を使うと起こってしまうことがあります。

シワの中でも加齢のよるものは防ぐことはありませんが、その他の要因は、肌質や体質や生活習慣などあらゆる条件で出来るものなのです。

若いうちからシワ対策はしっかりとしておきましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容