So-net無料ブログ作成

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:クレンジング

クレンジング ブログトップ

メイクを崩さない肌作り [クレンジング]

メイクを崩さない肌作り

メイクは、その季節や環境にも関係しますが、皮脂が浮き出てくると崩れてしまいます。

慌ててトイレに駆け込んで手直しし、その手直しメイクに時間がかかってはいけませんし、

とそんな事を繰り返し悩んでいる女性は多いものです。

乾燥が激しい季節だと、メイクはうまくなじみにくく、

お肌のトラブルも多くなりますし、反対に湿気が多すぎても崩れがちです。

そのような問題がなくなって初めて崩れにくいメイクが完成します。

毎日ちょっと手を加えることでそれは変えられるはずで、まずはじめに肌質の改善を行ってみましょう。

その第一歩は、まず清潔な肌を保つこと、保湿に気をつけること、そして肌を保護することです。

メイクを崩さないための4つのルールをご紹介しましょう。

そのは一つ目は、朝の洗顔をきちんと行うことで、ミルククレンジングなどを使って、夜の間に出た汗や皮脂をきれいに洗い落としましょう。

そして、水分補給をしっかり行うことで、ローションパッティングなどで特に気になる部分に水分を補うといいでしょう。

適度な油分を補うことで、一切の油分を落としてしまうこともいいことではありません。

ティッシュで、油分を吸い取れば、とても効果的です。

最後に、肌を均一にすることで、肌にトラブルがある場合顔全体の水分、

油分のバランスを均一にする事が大切です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

クレンジングオイルの界面活性剤 [クレンジング]

クレンジングオイルの界面活性剤


クレンジングオイルに使われている界面活性剤という物質は、肌に悪いものと思われがちですが、

汚れを落とすためにはどうしても必要な成分で、水と油が混ざりやすくなるような働きをします。

このような働きが、油性の汚れを落とすのです。

水と油でたとえられますが、異質物質同士が接触しあう面、これを界面といいます。

クレンジングオイルは油を落とす力が非常に強いので、

使いすぎると肌にとって必要な油分までも落としてしまう場合があります。

石鹸には界面活性剤が含まれていません。

界面活性剤の質が悪いと、湿疹ができたり、お肌のトラブルをおこしやすくなるので、

クレンジングオイルを購入する際は気をつけなければなりません。

洗った後、手肌にぬるぬるした感じが残っていたら、

それは界面活性剤が残っているという証拠なので、

しっかり洗い落とす必要があります。

科学的に合成された界面活性剤もあり、合成界面活性剤といいますが、

こちらは肌の表面を壊してしまい、肌トラブルをおこしやすくなります。

この合成界面活性剤は、明らかに肌へ悪い影響があるとされていて、しかも肌以外の影響も報告されているのです。

それは私たちの身近な問題で、大気汚染などをおこすという事実がわかっている、

ということなのです。使用する前にクレンジングオイルの表記をよく確認しましょう。

界面活性剤が含まれていないクレンジングオイルもあるようなので、

肌が弱い人は、よく調べてそんなものを選ぶといいかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

クレンジングオイルとは [クレンジング]

クレンジングオイルとは


一日のお化粧は、毎日きれいに落とさなければ、肌が汚れたままです。

そんな肌にまた次のお化粧をしたりすると、毛穴はどんどん汚れていくばかりです。

最近のクレンジングでは、使いごこちのよさと落ちのよさから、オイル状のものがよく使われるようです。

このクレンジングオイルは、お化粧はもちろん、皮脂や大気中の汚染物質などの油汚れを落とします。

毎日のスキンケアで使うものですから、肌に負担にならないような、できる限り良質なものを選ぶほうがいいでしょう。

油汚れは、石鹸などで落とすよりもクレンジングオイルを使用した方が効果的で、簡単に落とせます。

クレンジングオイルには、界面活性剤が多く含まれ、オイルで汚れを浮かせた後に、界面活性剤が水と混ざり肌上で浮くようになります。

このような働きが、洗顔後にベトベト感を残さず、さっぱりとした洗い心地を呼ぶのです。しかしこの滑らかな感触が、つい肌の上でクレンジングオイルを必要以上に塗りまわしてしまいがちです。

そうする事によって、取らなくても良いものまで奪ってしまう恐れもあります。

クレンジングの際に、他のオリーブオイルなどを使った場合よりも、明らかに落ちもよく使い心地も良いと思います。

ですが、クレンジング力が強力なため、肌の保湿成分も奪いがちなので、

乾燥肌や敏感肌の方は控えた方がよく、自分の肌質や、

お化粧の量を考えながら使うと効果的かもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

基礎化粧品の選び方 [クレンジング]

基礎化粧品の選び方


自分が基礎化粧品を選ぶときに何を一番に考えて選んでいますか?

本当は何を基準に選べばよいのでしょうか。

皆さんご存知のとおり、スーパー・デパートの基礎化粧品の数は数限りなくあります。

選ぶ基準は人それぞれです。価格が高い方、効果的な商品説明や海外ブランド、国内大手化粧品メーカーなど・・・。

一方、最近では素敵な容器に入っている化粧品や香りがいいものもたくさんあるので、それらを選ぶ人も多いでしょう。

基礎化粧品を選ぶ際の重要なポイントはどのような成分でその商品が造られているかということです。

そして自分にとって効く効果があるのかということが、どのような効果があるのかが大事です。

肌のトラブルだけを解消し、根本的には何も変わっていないなんてことありますよね。

年齢、性別、肌質によっても、選ぶ基準が変わってきます。

基礎化粧品を選ぶ前に、自分の年齢、性別、肌質など知っておかなければなりませんね。

そして、肌の調子は、季節、体調、ストレスにも大きく影響されますから、自分の生活環境を知っておくのも大切なのかもしれません。

基礎化粧品すべてを使うことがよいこととは一概にはいえません。

これらは、あくまでも基本のスキンケアです。

分かりやすくいえば、ニキビの出来ている肌には油分はひかえめにしたほうが良いのですが、オイルが多いクリームをつけてしまうと肌に負担となってしまいます。

ブランドや過剰な宣伝に流されてしまいがちです。

自分の肌の状態にあった基礎化粧品を選びましょうね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

クレンジングは基礎化粧の基本 [クレンジング]

クレンジングは基礎化粧の基本


クレンジングが基礎化粧において最も大切なことです。

メイクを落として毛穴の奥の汚れをしっかり落とすことが一番大切なことです。

どんなに疲れていても、面倒でもメイクをしたままにしてはいけません。

肌にストレスを与えてしまうからです。

化粧水や乳液でお手入れするときに肌が汚れていてはなんの意味もありません。

クレンジング剤にはジェルなどで洗い流すタイプのものと、コットンなどで拭き取るタイプのものがあります。

ですが、肌をこすってしまうことになり、負担をかける拭き取るタイプのものは、基本的にはあまりおすすめできません。

メイクや汚れを浮かび上がらせるようにゆっくりゆっくりと行いましょう。

丁寧に時間をかけてクレンジングすることが大切です。

クレンジングをきちんとすることはその後のお手入れにさらなる効果をもたらします。

手のひらで顔全体をマッサージするように行いましょう。

クレンジングは基礎化粧の基本だといえます。

クレンジングを丁寧にすれば洗顔の必要はないと思う人もいますが、洗顔料を使ってさっぱりしたほうが良いでしょう。

やはりクレンジングだけでは毛穴の奥の汚れや皮脂は落としきれないからです。

洗顔もクレンジングの次に大切な基礎化粧の工程ですから、「クレンジング、次に洗顔」とセットで覚えましょう。

洗顔料はよく泡立てて使うことがポイントです。

細かい泡を作るスポンジやネットも市販されていますので利用するとよいでしょう。

細かい泡で洗顔すると毛穴の奥がきちんと洗えるのでおすすめです。

さらにスクラブは血行を促進したり、汚れや古い角質をよく落としてくれますので、スクラブ入りの洗顔料も良いでしょう。

ただし何事もやりすぎは良くありません。クレンジングや洗顔のしすぎには注意しなければなりません。洗顔をしすぎるとにきびや吹き出物などのさまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

これではせっかくの基礎化粧が台無しです。

基礎化粧の重要ポイントのひとつとしていえることは、自分に合ったクレンジング剤や洗顔料を見つけることだといえます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
クレンジング ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。