So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:シミ

シミの原因 [シミ]

シミの原因

紫外線をいかにして防ぐかということが、シミの予防や対策につながると言われているほど、シミの主な原因は紫外線によるものです。

肌のターンオーバーという働きをご存知でしょうか。

これは皮膚が一定周期で新陳代謝を繰り返している働きのことです。

紫外線を浴びたり、日焼けをすることによって、このターンオーバーの周期が乱れてしまうといわれます。

すると皮膚にたまったメラニン色素を除去することができません。

これにより、肌の表面にメラニン色素が沈着してしまうのです。

元来メラニン色素というのは、紫外線の害からお肌を守ってくれる働きをするものなのです。

シミの原因は加齢などが原因となってこの新陳代謝の働きが弱まることなのだといえます。

また紫外線や日焼けだけではなく、普段の生活習慣が原因をなっていることもあります。

肌のターンオーバーの乱れには次のような原因があります。

それは過度のストレス・飲酒や喫煙・食生活乱れ・睡眠不足などです。

これらが原因でシミができてしまうというわけです。

さらにターンオーバーが乱れるとホルモンバランスが崩れてしまいます。

これはにきび肌荒れ、しわなどの肌のトラブルの原因になり得るのです。

生活習慣の乱れている人は常に肌あれやシミのリスクを背負っていることになると言えます。

シミのないきれいな肌を取り戻すためには、まず食生活を見直してみたり、

規則正しい生活をすることを心がけましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

シミの種類 [シミ]

シミの種類

まったく自分では気がつかないうちに突然顔などにシミができていてショックを受けることがあります。

この肌にできるシミとはいったいどういうものなのでしょうか。

シミは皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまった状態です。

これは主に紫外線によって色素沈着がおこったことが原因です。

シミを引き起こす原因は主に紫外線によってメラニン色素が増大することにあります。

シミは肌の肌の下で育っているということも考えられます。

今はまだ表面に現れていなくても、いつか時間の経過や加齢ともに現れてくることもあるので気をつけなければなりません。

シミにはいろいろな種類があるのですが、そのひとつは炎症性色素沈着というものです。

これはやけどやかぶれ、にきびなど肌の炎症が引き金になってシミができるものです。

この炎症性色素沈着は比較的レーザーなどで治療しやすいものです。

老化現象の一種である老人性色素斑というものもあります。

これは主に30~40代の人に多くみられます。

これは紫外線を浴び続けてしまったことによりおこるシミです。

比較的若い頃から日焼けなどをしていた人に多くみられます。

老人性色素斑のシミの大きさは様々で個人差があります。

また主に紫外線を受けやすい手や顔やすねなどにできる傾向があります。

脂漏性角化症は老人斑にしこりのような良性の腫瘍ができてしまうことによってできるシミの種類で、中高年以降の人に多く見られます。

老人性色素斑と同様に長期に渡る紫外線の吸収が原因です。

このようにシミには様々な種類と特徴があります。

それぞれに合った治療や対策をしていくことが改善への第一歩だといえるでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。