So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:顔のたるみ

顔のたるみ ブログトップ

加齢による目の下たるみ [顔のたるみ]

加齢による目の下たるみ


眼の下のたるみは、顔の中でも特に気になる部分で、

ここがたるんでいるとなんとなく老けた印象をもたれてしまいます。

歳をとるにしたがって肌は衰えるため、眼の下にたるみができてしまうのです。

10代くらいの若い世代には、肌のたるみなどまずありませんが、

20代になれば、ほんの少しずつでも肌のたるみは現れるようになります。

顔の皮膚と筋肉の老化によって目の下にはたるみが出ます。

人の皮膚は歳をとるとだんだん薄くなるため、弾力もなくなっていき、

保持する機能も弱まりまるのです。眼の下のたるみは、

歳とともに目の下の細胞がひとつひとつ浮腫のような状態になるため、

肌も全体的にふくらんで垂れ下がるようになることでできます。

眼を開けるという動作では、上眼瞼拳筋という筋肉が使われ、

閉じるときは眼輪筋が使われます。

眼の周囲にある筋肉はとても薄くて小さく、弱くなりやすい筋肉で、

歳をとるとこの筋肉が衰えるため皮下脂肪を支える力も低下して、

これも原因で眼の下のたるみができてしまうのです。

目の下のたるみは、自分でも確認することが可能です。

口を大きく開いて天井を見るようにて、

そのとき目の下に手でつまめる部分があるか調べてみましょう。

手でつまめる皮膚があれば、それが目の下のたるみです。

歳をとってだんだん肌が弾力性を失ってくると毛穴が垂れたようになるため、

多円形の毛穴が見つかれば、たるみがあるという証拠なのです。


目の下たるみの原因

目の下のたるみが出る原因は老化以外にもいくつかあります。

目の下のたるみは脂肪でできていて、目のまわりの筋肉が弱くなると肌は弾力を失うため、

目の下の脂肪は支えられずに垂れ下がってしまうのです。

血行不良やリンパ循環の低下により、

余分な水分や脂肪を排出できずに皮下組織の脂肪細胞が増加するので

目の下のたるみの原因になります。

目の下の脂肪は生まれつき多かったり少なかったりしますが、

体質で目の下の脂肪が多い人は、どうしてもたるみやくまができやすいようです。

目の下の脂肪が多い人は、目の下に色素沈着を起こしやすく、目の下の原因を作ってしまうのです。

特に頬骨が張っている人や目が大きい人は、目の下にたるみができやすいようです。

筋肉が衰えるのは、日々の生活になにか要因があったりもします。

パチンコを長時間するとか、パソコンをずっと見る生活などをしていると、

瞬きが減って目のまわりの筋肉は弱まります。

化粧品にも原因がある場合があり、油分の多い化粧品は目の下のたるみのもとになったりします。

基礎化粧品に使用されている界面活性剤や油性成分が肌の弾力繊維を破壊し、

目の下のたるみをつくる原因となっています。

それから紫外線によって、皮膚の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。

ですから紫外線を長時間浴びることは、皮膚の弾力を奪われ、目の下のたるみにつながるのです。


目の下たるみマッサージ

目の下のたるみを防ぐには、目元をよくするためにマッサージを行うという方法があります。

目の下のたるみに効果的なだけでなく、マッサージは皮下脂肪も寄せ付けません。

刺激の強すぎるマッサージは逆効果ですが、血行を促進して新陳代謝を整えることは重要です。

肌のターンオーバーも正しく行われ、たるみの原因になる皮下脂肪もつきにくくなります。

こめかみから目の下にかけて、軽く指の腹で押すようにマッサージをしてみましょう。

目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていってまたこめかみに戻り、

そこを押すようにすると、血流もよくなります。また目を強くつぶった後、

ぱっと開くという運動を繰り返しても、

目のマッサージになって、目の周囲の筋肉を刺激することにもなります。

表情筋という顔の筋肉を鍛えるために、顔を中心に寄せるようにして5つ数え、

その後外側に力を入れて開くようにする方法があります。

目元に力を入れたり、眉を上げてみたり、というような普段使わない筋肉に力を入れることも、

目の下のたるみ解消に役立ちます。

ただし皮膚の薄い人は要注意で、このために細かいしわができることもあるので、

するのなら事前に保湿をしてからにしましょう。

化粧水などで肌を整えるとき、目のまわりを軽くタッピングすると、

血行がよくなって効果的です。

目の下はデリケートなどで強くこすらず、優しく扱うことがポイントです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

まぶたたるみの理由と予防とケア [顔のたるみ]

まぶたたるみの理由

肌がたるんだり筋肉の力が衰えたりすると、まぶたがたるむようになります。

まぶたがたるみ目元まで落ちてくると、目元はかなり重い印象になります。

狭くなった視界を広くしようと目を開くためにまぶたに力を入れるようになるので、

額や眉間にしわができやすくなります。

目つきの印象はまぶたのたるみにも左右され、

たるみが原因で目つきが悪く見えるときもあります。

まぶたがたるむことで疲れ目を起こしたり、偏頭痛、

それから肩こりなどの原因になることもあります。

まぶたを持ち上げる筋肉の力が極度に弱まると、上まぶたが過度にたるみます。

ひどくなって前を見た状態でもまぶたが瞳の部分にまでたっするほど垂れた状態を、

眼瞼下垂というのです。

まぶたのたるみが重度の眼瞼下垂では視野の確保のために下あごを上げるようになったり、

頭痛や吐き気などの症状を伴うことがあります。

眼瞼下垂には、先天性のものと後天性のものがあります。

後天的に眼瞼下垂になる人は、年齢のせいもありますが、

コンタクトレンズの長期の使用や、パソコンゲームなどで眼を酷使しているときなどにも起きます。

顔の中でも特別皮膚が薄く、乾燥もしやすくてハリを失いやすいのがまぶたで、

まぶたの皮膚それ自身がたるみやすいところになっているのです。

人の顔の中でも特に繊細なのがまぶたで、皮膚にハリがあり、筋力もバランスが取れていて、

そして脂肪も適度にあるという状態が崩れると、たるみにつながるのです。


まぶたたるみの予防とケア

まぶたのたるみといっても、まだそれほどひどくはなく、皮膚自体がたるんでいるだけの場合は、

毎日のケアで改善することも可能です。

肌の老化を予防することがまぶたのたるみ予防になるので、

肌のアンチエイジングや老化対策が有効です。

アイケアクリームや眼の下に施すパックなどの化粧品は、

まぶたのたるみをケアするのに効果的なものです。

保湿成分がたっぷり含まれた美容液を目じりやまぶたに塗りこむと、

肌のハリを取り戻し、まぶたのたるみ解消に役立ちます。

まぶた周辺部へのマッサージは、まぶたのたるみの解消・予防が期待できます。

マッサージされるとまぶたのたるみ部分が刺激されるので、

血行が促進されて改善されるのです。

朝と晩1分間くらいのマッサージを行った後、眼の周囲を指の腹で軽くたたくように刺激すると、

さらに効果的です。マッサージは、

中指と薬指を使って目じりからまぶたのたるみの線をなぞって鼻まで持っていくようにします。

再びまぶたを通って目じりに戻り、目じりから頬を通ってあごの辺りまでマッサージをしましょう。

年齢のせいで肌が老化するだけでなく、紫外線の刺激も肌を老化させます。

紫外線の刺激で肌成分のコラーゲンやエラスチンが壊されると、

肌の弾力が落ちてしまい、ケアしなければ治りません。

まぶたのたるみを紫外線で悪化させないためにも、

紫外線カットやUVケア用品は、冬場であっても使うようにしましょう。


まぶたのたるみ予防に筋肉を鍛える


まぶただけでなく、どの人間の筋肉も使わないでいると弱まっていきます。

まぶたも筋肉で支えられているため、歳を重ねるごとに衰えて、

まぶたはますますたるんでくるようになります。

まぶたの筋肉の力を落とさないために、適度に筋肉を鍛えると、

まぶたのたるみを予防するのにも効果的です。

目の周りにも眼輪筋と呼ばれる筋肉がついていますが、使わないとその力も低下します。

使おうとしない限り使われることはほとんどない眼輪筋ですが、

少しずつでも鍛えていけばまぶたのたるみ防止にはなり、

表情筋も一緒に鍛えるようにすると、かの表情を豊かにすることもできます。

意識的に瞬きを繰り返す方法で、眼輪筋を簡単に鍛えるとこともできます。

下まぶたに関しては、普段の瞬きなどでも動かすようなことはほとんどありませんが、

指で上まぶたを押さえて、下まぶたが持ち上がるような瞬きをしてみましょう。

そうすることで下まぶたの筋肉が動いて鍛えられるので、

まぶたのたるみを解消するのに役立つのです。

それから顔の運動で、顔を全体的に広げたり中心に縮めるようにしたり、

目を大きく見開いてからぎゅっと閉じる動作を繰り返してみましょう。

こんなまぶたの瞬きの運動もまぶたのたるみを解消するのに有効です。

毎日のちょっとあいた時間に数分間続けることにより、効果が現れます。

どこにいても簡単にできる運動なので、毎日続けてまぶたのたるみを防ぐようにしましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

顔の筋肉について [顔のたるみ]

顔の筋肉について


顔や首の筋肉には30もの筋肉があり、

顔の筋肉はとても小さくて繊細にできています。

顔の筋肉が弱ると目が細くなり、頬がたれて口角が下がり、

二重あごになったりします。

このような症状は女性が何とか避けたいと思うことでしょう。

顔の筋肉というと思い浮かぶのが表情筋ですが、

これは顔の表情が動く、というところから呼ばれているのです。

顔やせ、小顔効果が期待できるのは顔の筋肉をエクササイズする方法です。

代表的な表情筋は頤筋(おとがいきん)で、唇下からあごに伸びる筋肉です。

この顔の表情筋が衰えると二重あごになってしまう場合があります。

前頭筋(ぜんとうきん)は眉の上から額にかけての筋肉で、この筋力が衰えると額の横ジワが出てきます。

まぶたを閉じたり開いたりする役割をするのが、眼輪筋(がんりんきん)と呼ばれる筋肉です。

この筋力が低下すると目尻のシワや上まぶたのタルミになります。

頬筋(きょうきん)は、口角を上げる役割があり、

この筋力が衰えてくると口角が下がってしまいます。

これは口元が怒っているような印象を与えてしまう原因になることがあるので、

注意しなければなりません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

顔のたるみと加齢 [顔のたるみ]

顔のたるみと加齢

いつまでも美しくいたい、

若い時の美肌を維持したいと思うことは

全ての女性にとっての永遠のテーマです。

歳を重ねるごとに皮膚がたるむという老化現象は、

女性の大きな悩みのひとつです。

この女性にとって大きな悩みの種である顔のたるみは、

いったい何が原因で起こるのでしょうか。

顔のたるみが起こる原因は、

歳とともに顔の肉を支えている筋肉が衰えて、

たるみができてしまうようになるからです。

また顔の皮膚の内部にも原因が潜んでいます。


コラーゲンやエラスチンといった美肌成分は、

歳をとるにしたがって減少し、

顔がたるんでくることもあるのです。

このコラーゲンやエラスチンといった皮膚成分は、

歳をとるにつれ減少することを食い止めることは不可能なのです。

それで、肌を支える筋力が徐々に減少し、

筋力の衰えた皮膚と脂肪のほうが増えてしまい、

顔はたるんでしまうというわけです。

歳をとれば筋力は衰えるわけで、

肌は重力に逆らうことができず、

下のほうへと移動してしまうのは、

食い止めることのできない現象です。

しかしそのままにするのではなく、

どうして顔がたるむか原因を探ってみましょう。

それによりたるみの原因を上手にケアしながら、

肌にかかる重力の負担を最低限にまで減らすことは可能なのです。

加齢により変化していく自分の肌と向き合い

確実なたるみ対策を見つけ出しましょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ほほたるみの対策 [顔のたるみ]

ほほたるみの対策


ほほのたるみは顔を老けさせてしまう印象を与えます。

ですのでほほたるみにならない為の対策方法、防止方法を紹介いたします。

予防対策を行うことで、体も心も美しさを保ちたいですね。

まず基本として行いたいのが、肌ケアをしてあげることです。

ほほたるみを防止する対策はいろいろですが、まずはこれが一番大切です。

しっかりと水分を化粧水や美容液、乳液エッセンスなどで補って、プルプルのお肌にしましょう。

肌が乾燥することは、絶対に避けたいものです。

カサカサのお肌は見た目も良くないですが、肌を傷めてしましいます。

保湿を心がけましょう。ほほたるみを防止することによってシワも防げるのです。

外出時には紫外線に気をつかうようなメイクをしましょう。

ほほたるみを防ぐ対策のもう一つは、自分の食生活をチェックすることです。

食べられる量は決まってしまいますが、肌に良いとされる食べ物も取り入れましょう。

必要なのは、食事だけでは補えない栄養サプリメントなどでしっかり補うことが大切なのです。

コラーゲンアミノ酸などのビタミンは、肌に良いとされています。

食事で取りにくいビタミンはサプリメントで補うことができます。

ほほたるみの対策方法として、忘れてはいけないのが、エクササイズです。重力に負けるな!筋肉を鍛えましょう。

ほほたるみは、むくみが原因になってしまう方も多いようです。

それから、適度な運動はたるみを防ぎ、予防をするとともに気分を爽快にしてくれます。

適度な運動はこころのたるみも防いでくれますよね。

また、自分のむくみの原因をしっかり把握することが大事です。

むくみが気になる人は飲みすぎ、食べすぎに注意しましょう。

ほほたるみ対策のためにストレス解消を!普段からストレス発散を心がけましょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

顔のたるみやすい人の特徴 [顔のたるみ]

顔のたるみやすい人の特徴


顔がたるみやすい人はそういう原因を持った人ですが、それを紹介します。

内臓が弱いと顔がたるみやすくなるのですが、それは血流の半分が内臓で作られているため、内臓が弱いと血流も悪くなるからです。

内臓は食べ物の栄養を吸収しますので胃腸が弱いと栄養を吸収できないので栄養状態が悪くなります。

栄養状態がよくないと筋肉も衰えてしまうので、顔がたるんでしまいます。

内臓が弱くて顔がたるんでいる人は、食事のときに食べ物をよくかむようにすると消化もよくなり、筋肉を使うことにもなって効果的でしょう。

血行が悪い人、冷え性の人も顔がたるみやすく、それは血行が悪いと血流を悪くし、それが栄養を充分に運べないことにつながるからです。

そうなると栄養状態はどうしても悪くなり、筋肉も衰え、顔がたるむことになるのです。

このような冷え性、血行の悪い人は、なるべく体を冷やすようなことを避け、適度な運動をするようにしましょう。

運動不足や長い間同じ姿勢で仕事をすることなども顔のたるみを招きやすく、それはあまり体を動かさないために格好が悪くなり、筋肉が衰えることになるからです。

無表情な人もそうで、顔のたるみを解消するには、顔の下半分を動かすことが重要です。

無表情な人は口角が下に下がっていることが多いもので、これは重力の作用によるもので、顔の皮膚がたるんでいるのです。

こんな顔のたるみをなくすためには、意識して口角を上げるようにするとよく、何より表情は豊かなほうがいいでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

顔たるみの原因について [顔のたるみ]

たるみの原因について


肌の乾燥皮下脂肪の減少などは、顔のたるみを起こすもとと考えられています。

まだの乾燥は顔のたるみを作ってしまうだけでなく、老化を早めてしまうのです。

健康的な肌を維持する為に欠かせないエラスチンやコラーゲンは、繊維芽細胞という皮膚細胞が生産しています。

皮膚が乾燥してしまうと、この繊維芽細胞がうまく活動しなくなってしまいます。

美肌作りに欠かすことのできないエラスチンやコラーゲンは、不足してくると肌にハリを失わせ、顔のたるみを助長することになるのです。

顔のたるみは、顔の皮下脂肪が減少することでも作られてしまうのです。私たちの体の中には、皮下脂肪組織の働き方が弱くなる部分があるのですが、特にそれが激しいのが目のまわりです。

皮下脂肪組織の働きは年をとるとともに弱くなるので、目元のしわが深くなったり目がくぼんだりして顔のたるみが気になるようになるのはこのためです。

加齢は誰もが避けては通れない事ですが、乾燥への対策は日頃から気をつける事が可能です。

美容用品などを使って顔のたるみを解消しようとしても、肌が乾燥していては、せっかくのコラーゲンもその力を発揮できず、なかなかたるみを取ることはできません。

毎日のお肌のケアで、乾燥を防ぐようにしなければなりません。

お風呂上りに顔にしっかり保湿をし、絶対に肌が乾燥しないように気をつければ、顔のたるみを解消することはきっと可能でしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
顔のたるみ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。