So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

カテゴリー:大人ニキビ

大人ニキビ ブログトップ
前の10件 | -

にきびを治し、にきびを予防する正しい洗顔法とは?「にきび洗顔の注意する点」 [大人ニキビ]

にきびを治す正しい洗顔



肌トラブルの中でも、ニキビに絶えず悩まされているという人は少なくありません。


ニキビ予防にはどうすればいいのでしょうか。


にきびは実際に顔にできると気分も落ち込みます。

にきびで悩んでいる人は、若い方だけではありません。

きれいに洗顔作業をしているつもりなのににきびができてしまい、

何がいけないのかと悩む人もいるようです。

顔の中の目立つような場所ににきびができてしまうと人前に出ることも気が進まなくなりますし、


化粧も工夫しなければなりません。

ニキビを作るのは、毛穴の中に住むアクネ桿菌です。

毛穴からは、代謝作用や体温調整のために汗や脂質が出ています。

皮脂汚れなどで毛穴が詰まると、脂質が体外に出ずに毛穴の中で固まってしまいます。

アクネ桿菌は毛穴の中にいますから、脂質や汚れと一緒に固まります。

にきびができるのは炎症を起こした皮膚が化膿することですが、

アクネ桿菌は脂肪を元に増殖する時に皮膚炎を引き起こす原因となる成分を出す性質があります。

ちゃんと洗顔をしたつもりでも、毛穴の中に汚れが残っちていると毛穴が詰まって、

にきびができる可能性を作ってしまう事になるのです。

一日に何度も洗顔している人でも、正しい洗顔方法をしていないと、

目には見えない汚れが毛穴の中に残ってしまいます。

ただし、ホルモンバランスや食習慣、生活習慣、ストレス、

個人の肌質などでもにきびが発生することがありますので、理由は洗顔だけではありません。

洗顔だけが上手でも、その他の要因によってにきびができてしまうこともあります。


正しい洗顔でにきびを予防する


にきびを予防するには、毛穴の中でアクネ桿菌が増殖しやすい環境を作らないことが大切です。

きれいなにきびのない肌を目指すためには、毎日きちんと顔を洗うことです。

毛穴の中の汚れも確実に落とせる洗い方を習得しましょう。

毛穴汚れまで確実に落とす洗顔を続けることによって、ニキビに防止に限らず、

健康的でみずみずしい肌もを実現することができるでしょう。

にきびを予防する正しい洗顔方法は、まずヘアキャップやタオルを利用して、

髪が落ちてこないように、しっかりまとめます。

髪の生え際は汚れがたまりやすい場所ですから、しっかり洗顔しないと、

にきびができやすいのです。

最初は手洗いからです。手についている汚れを洗い流しましょう。

本格的に顔を洗う前に、

1日1回くらいは顔に蒸しタオルでくるんで蒸らすことによって洗顔力がアップします。

毛穴からゆるんで汚れが落ちやすくなるからです。

ぬるま湯で素洗いしてから、表面の汚れを落とします。

手のひら、もしくは泡立ちネットなどを使い石けんをよく泡立てます。

額からこめかみ、鼻、小鼻の回りなど脂が分泌されやすい場所から順に泡を乗せていき、

優しく洗ってください。皮脂が分泌されやすいTゾーンは

要注意エリアですから特に気合いを入れて、

それからほおやあご、首筋を洗ってから水で泡を流し、こすらないように水気を拭いましょう。

洗顔は毎日漫然と行っている人が多いかもしれませんが、

基本的な部分は押さえておいてください。

いずれにせよ、隅々まで念入りに顔を洗うということがニキビ予防の大前提です。

サボらず、習慣化させてきちんと顔を洗うようにしてください。


にきび洗顔の注意する点


にきび予防、にきび肌改善には、正しい洗顔が最も基本的なスキンケア方法です。

しかし、正しい洗顔を行っていても、洗顔回数や石けんの種類によって、

肌を傷めてしまうこともあります。

にきび予防、にきび肌改善のための正しい洗顔は1日に2~3回までで、

それ以上は洗いすぎです。

頻繁に顔を洗っていると皮脂汚れと共に必要な肌の油分まで流れて過剰分泌の元となり、

にきびができやすくなってしまいます。

起床後と夜の2回洗えば事足ります。

洗顔料を選ぶ時は、毎日顔につけるものであることを認識しよく吟味してください。

洗顔料は毎日肌に接触させるものですから、十分検討して決めなければ、

肌によくない効果が出ることもあります。

洗顔剤選びに失敗して、肌によくない刺激を継続して与えていると、

にきびが酷くなるだけでなくもっと肌の状態が悪くなることもあります。

また、肌の状態は移ろいやすく、夏と冬で皮脂の分泌状況ががらりと変わることもありますので、

留意してください。例えば、真冬の肌は乾いた空気にさらされて乾燥しがちですので、

洗顔剤も保湿の性能があるものを用いた方がいいようです。

顔を拭くために使うタオルは、水分の吸水性がよく柔らかいものにしてください。

擦らなければ使えないタオルは肌にダメージがいきかねません。

お肌へのダメージを最小限に留めるためには、

薄く弱い部分である肌の角質層にできるだけ刺激を与えずに水気を拭く必要があります。

ニキビを防止し、でこぼこのないきれいな肌なるためにも、

ポイントを押さえた洗顔をしてください。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびとにきび痕の原因と対策と治療法 [大人ニキビ]

にきびとにきび痕について

にきびとはどういう肌のトラブルなのでしょうか。


医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)とにきびは呼ばれているようです。


尋常性座瘡が出来る条件が揃えば、年齢に関係なく発症しますから実は

20歳過ぎたら吹き出物というわけではなく、10代でも40代でもにきびは出来るのです。

大変にきびに悩む方は多く、それと同様ににきび痕を治したいと希望する人も大勢いるといえます。

にきび痕は大きく分けて2つに分けられます

まず1つ目は、肌表面がデコボコしている状態で、これはにきび痕が陥没しているものです。

にきび痕はアクネスカーとも呼ばれ、赤にきび以降の段階で形成される事がほとんどです。

細菌の増殖によって炎症が起きてしまうことによって作られます。

なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、

にきび痕が皮膚に残りやすくなります。

ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。

にきび痕は治りにくく、場合によっては一生残ってしまう事も少なくありません。

加えて2つ目のにきびの痕は、にきびの後遺症といえるものでにきびの痕に出来る色素沈着です。

これはシミの様に色素沈着している状態です。

にきびばかりでなく、色素沈着は炎症を起こした部分に出来やすいものです。

これを炎症後色素沈着といいます。色素沈着とはいわゆるシミのことです。

シミが残ってしまう事があるので注意しなければならないのは、

傷が出来た痕や、化粧品や薬品によってかぶれが生じた後なのです。


にきびとにきび痕の原因と対策



にきびが出来る原因は何かというと、にきびは皮膚の毛穴に皮脂等が詰まってしまう事です。


それだけではなくにきびの周囲が赤く腫れたり細菌感染して膿んでくる事もあるからです。

これによ痛みを感じることもあるようです。

にきびの内因性原因としては、ホルモンバランスの変化、睡眠不足や夜更かし、

偏食、ストレスがあげられます。

また肌に合わない化粧品の使用、皮脂や汗等の汚れ、

活性酸素がにきびの外因性原因としてあげられるでしょう。

その他に乾燥や薬の使用もにきびが出来る原因といえるのではないでしょうか。

いくつもの原因が重なり合うことによってにきびが出来る場合が多いようで、

原因は1つではありません。

にきびやにきび痕の予防や改善は、できる要素となる様々な原因を把握して、

きちんと対策を立てないと、なかなかすすまないものです。

にきびやにきび痕の対策が自分でできるものがあります。

それは正しい洗顔法を身につけるということです。

ぬるめのお湯でメイクや汚れをしっかり落とし、余分な皮脂も取り除いて下さい。

シャワーを使って綺麗な水で洗顔料を洗い流します。

さらに重要なのは、ゴシゴシこすったりして強い刺激を肌に与えないようにし、

清潔なタオルを使うことを心がけてください。

また自分の肌の状態に合っている化粧品を使うことも、

自分で出来るにきびやにきび痕の対策として有効です。

正しい化粧品での肌のケアが綺麗に洗顔した後には不可欠です。

自分の肌質に合った化粧水や乳液等物選び、

基礎化粧品も汗をかきやすい夏と乾燥しやすい冬とでは変えるといった

細かい工夫が必要ではないでしょうか。

化粧品には、にきびやにきび痕の形成を促す様な成分も含まれていますし、

ファンデーションは肌にとっては汚れですから、にきびやにきび痕の発症を促し、

悪化をもたらす事になります。

まずは自分の肌に合った化粧品を使用するようにしましょう。

化粧が原因でにきびやにきび痕が出来てしまう事もあるからです。

にきびやにきび痕の治療について


早めににきびの専門クリニックで相談して、きちんとしたにきび治療の開始をしたほうが良いのが、

にきびやにきび痕の症状が特にひどい人です。

どんなにきびの治療を、にきびの専門クリニックでは受けることができるのでしょうか。

まず敏感肌の女性にとって嬉しいのは、

洗顔料や保湿剤等独自に開発されたにきびやにきび痕用のスキンケア用品を


購入することが可能だということです。

高濃度ビタミンCのお薬があります。

ビタミンCはシミ・そばかす・くすみを取る美白剤や、にきびやにきび痕の治療薬として使います。

ビタミンCには、にきびやにきび痕に対して皮脂分泌の抑制による予防効果と、

にきびの炎症によって出来る活性酸素を中和させて、

にきびの炎症を抑える効果があります。

科学的な治療法であるケミカルピーリングもにきびやにきび痕には効果的です。

このケミカルピーリングはフルーツ酸の働きで、

角栓の除去やアクネ桿菌の殺菌をすることでにきびやにきび痕を改善していきます。

ピーリング石鹸といって、自宅でケミカルピーリング効果を得られるものも購入可能です。

メラニンを抑制し、コラーゲンを産生する能力を高める効果があるのが、


フォトフェイシャルと呼ばれるにきびの治療方法で、これは特殊な光を利用するものです。

にきび痕に最も適した治療方法で、陥没や色素沈着などに効果的です。

それだけではなく、皮脂の分泌を抑える効果もあるので、にきびを総合的に治療することができます。

レーザー治療もあります。レーザー治療とは、

にきびの炎症の元となる原因菌に働きかけ、

殺菌する作用を持つレーザー光線を当てるだけのにきびの治療法です。

皮膚の他の組織にダメージを与える事はないので、にきびの治療に使用されるレーザー光線は、

内服剤の様に副作用の心配はないでしょう。

その効果は、細菌の増殖を予防したり、炎症を沈静させるなど様々です。

にきびやにきび痕の治療にはたくさんの治療方法があります。

にきびやにきび痕に悩んでないで、クリニックに行ってみましょう。

きっとあなたにぴったりのにきびの治療法が見つかる筈ですよ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびのケアの注意点と漢方薬を用いる方法 [大人ニキビ]

にきびのケアの注意点


にきびの改善のためのポイントとして日々の生活習慣を気をつけることがあげられます。

十分な睡眠はにきび予防に大事です。

不規則な生活習慣や睡眠不足はホルモンバランスを崩し、肌のターンオーバーが乱れる元になります。

肌のターンオーバーが乱れると角質が厚くなってしまいます。

それにより毛穴を塞ぎ、にきびができてしまうのです。

また、夜11時~午前2時頃の時間帯でお肌が作られるといわれています。

十分な睡眠をこの時間に取ると肌の回復を早め新しい肌が作られます。

ですからにきびのケアには良いものなのです。

女性の場合は、排卵後に普段よりにきびができやすい状態になります。

黄体ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量が多くなる上に

肌が敏感になっていることもよくあるからです。

にきびのケアをこの時期は特に念入りにすると良いかもしれません。

化粧品の中にもにきびをケアできるはものはいろいろと販売されています。

にきびのケアは皮脂の分泌が多い場合は乳液やクリームなど

油分の多い化粧品を使わなくても充分なこともあります。

保湿成分のある化粧水などで水分補給をするだけで良いのです。

さらににきびの原因としてストレスがあげられます。

ホルモンバランスを崩してしまうからです。

肌にストレスがかかる原因は、生活や食事のリズムが崩れることですので、

規則正しい生活がにきびのケアになるでしょう。

温浴やアロマでリラックスしたり、

自分なりのストレス発散法でストレスのない体作りをすることも、

にきびケアでは注意するべき点です。


にきびのケアに漢方薬を用いる方法

漢方薬を用いる方法がにきびのケアのひとつにあります。

ストレスや食習慣、肌質やホルモンバランスなどの様々な原因で起こる症状がきびはであり、

にきびの原因は人によって違うものです。

にきびの症状が似ていても原因や状況によって漢方薬でのにきびのケアは、処方も違ってきます。

漢方によるにきびケアの強みは、

それぞれのにきびができる個人別の理由に合わせて処方ができるということです。

効き目がゆっくりで即効性はないのが漢方薬の特徴ですが、

にきび治療での漢方は1ヶ月弱ほどで効果が出始めるといわれています。

根本から体質改善によってにきびを直すことがでるのが漢方薬です。

ですからにきびの再発防止にもなるでしょう。

にきびのできる根本的な原因を取り除く一方、

漢方薬は体の中から働きかけてにきび跡の色素沈着などのケアにも効果的なようです。

にきびは顔だけでなく背中にも出ます。背中には皮脂腺が多いからです。

手の届きにくい背中のにきびのケアも、漢方薬で体質改善をはかることで可能になります。

漢方薬が購入できるのは、薬局やドラッグストアですが、

同じ名前の薬でも濃度が微妙に違ってきます。

漢方は時間をかけてじっくり服用するものであるだけに、

素人判断で薬を選ばずに漢方専門店などで専門家に相談しましょう。

自分に合った漢方薬を処方してもらうことがにきびケアのために理想的です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびケアと化粧品と化粧水 [大人ニキビ]

にきびケアと化粧品


にきびの予防やにきび跡のケアには日頃から自分に合った基礎化粧品を選び、


にきびが出てしまった時はメイクを控えることが重要です。

にきび跡のケアに関係してくることとして、洗顔も自分にあった洗顔料を用いて行い、

適切な肌のケアをすることが重要です。

化粧品の中でも、メイク用のものはにきび跡のケアには不向きです。

そしてにきびを悪化させる原因となるファンデーションは、毛穴を塞いでしまいますので、

肌にはあまり良くありません。

ごしごしこすったり、刺激の強い化粧品を使うとにきび跡がさらに濃くなります。

それから刺激の強い化粧品や肌に負担となるものの使用は控えるようにしましょう。

にきびがある時は肌が敏感になっているからです。

油分が少なく刺激の少ないクレンジング剤を選んで、化粧品を落とすようにすることも不可欠です。

オイルクレンジングを、油の落ちがよいからという理由で使う人も多いようです。

オイルクレンジングは、成分に油分が含まれているので毛穴に残ることもあり、

にきび跡にはよくないのものです。

クレンジングには、オイルフリーの流せるタイプのクレンジングか肌への刺激が少なくお勧めです。

最近よく使われている拭き取りタイプのクレンジングはにきび跡にはあまりよくありません。

化粧品を完全に汚れを落としきれるものではありませんし、

防腐剤や防カビ剤が含まれているからです。

にきびのケアには、自分の肌に適した化粧品選びが非常に重要なことなのです。


にきび対策のための化粧水


どのような化粧水をにきびのできやすい人、にきび跡が残る人は使うと良いのでしょうか。

そして化粧品をにきびが出来た際に使う時にはどんなことに気をつければよいのでしょうか。

保湿はにきび予防にもにきび跡のケアにも重要なポイントです。

にきび跡があるからと肌がベタベタするのを嫌って化粧水をあまりつけない人がいますが、

それは良くありません。

もし化粧水の使用を控えてしまうと、保湿がおざなりになってしまいます。

すると皮膚は肌を乾燥から守るために余計な皮脂を分泌し、その皮脂によってにきびが増え、

逆ににきび跡も悪化してしまうことがあるのです。

余計な皮脂が出ないように、肌に潤いを与えることが化粧水をつける目的なのです。

脂性肌の人には化粧水で水分や油分を補うことに抵抗がある人もいますが、

自分の肌質に合った化粧水を選ぶと、にきび跡のケアにもなります。

脂性肌の人におすすめの化粧水は、さっぱりタイプのものです。

注意したいのは、アルコール入りの化粧水です。

これは化膿したにきびがあるとヒリヒリすることがあるからです。

あまりにきびの状態が良くないときは、アルコールの入っていないタイプの化粧水を選択しましょう。

反対に乾燥肌の人はしっとりタイプの化粧水が良く、

肌へ保湿成分をしみこませるようにコットンで優しくパッティングをするようにします。

化粧水が古くなった場合は、肌にもにきび跡にも良くない影響を与えますので

つけないようにしてください。

もったいないかもしれませんが、捨ててしまうより他ありません。


にきびケアの化粧品




にきび跡が残った肌や、にきびのある肌などにも心配することなく

使えるにきびケア用の化粧品はどんなものがあるのでしょうか。

にきび跡を化粧品で隠すことに躍起になっていると、

毎日のメイクは休むことができないばかりでなく、

ついついメイクが厚くなりがちなので、肌への負担は増してしまいます。

これでは本当の肌の状態は悪化する一方ではないでしょうか。

にきびができている肌にも優しい化粧品を使うことで、

肌に負担にならないメイクを心がけたいものです。

にきびケア用の化粧品は、色々なメーカーからシリーズで販売されています。

特に無添加、自然派の化粧品はにきびケアに向いているといえるでしょう。

化粧品の中でも油性のものは、毛穴を塞ぎにきびを悪化させてしまいます。

それによりにきび跡を増やしてしまいますので使用しないことです。

硫黄の入ったものが、にきびケアの化粧品の中にはあるようです。

若い人の肌には向いていますがある程度年齢のいった大人向きではないといえます。

肌がカサカサしてしまい、かえって肌荒れする原因になりますので留意しましょう。

にきびを作らないことが、にきび跡を作らないためには大切なことです。

洗顔が不十分で化粧品が十分に落ちていなかったり、汚れた手で触ったことが原因だったり、

ストレスや生活習慣の乱れから発生するにきびもあります。

にきびをケアを化粧品で行うと同時に、

にきび跡には根本的な部分からの改善をしていくようにすることが必要だといえます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびのケアと食生活と洗顔法について [大人ニキビ]

にきびのケアについて

様々な原因により発疹ができて炎症を起こす症状がにきびです。にきびと同じ症状ですが、思春期をすぎてからできるにきびを吹き出物といいます。

主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。

にきびができるかどうかはその人の体質によるもので、皮脂腺の活発な人ほどにきびができやすいので、気をつけなければなりません。

初夏や初秋の季節の変わり目が特ににきびのできやすい時期なのでケアも大切になってきます。ホルモンバランスが変化しやすい思春期は特ににきびができますが、これは成長するにしたがって消えていきます。

大人のにきびはストレスや乾燥、生活習慣の乱れなどが原因です。また便秘になると毒素が体内にたまり、それが体の表面にまでわたってにきびを作ってしまうこともあります。

顔にいて余計な皮脂を食べたりもするという顔ダニが、にきびの原因になるという説もあるのですが、ケアを間違ったりしない限りは、顔ダニは普通は無害のはずなのです。

にきびのケアは間違うと悪化させたりにきび跡を残すことになったりするので、正しいケアが必要なのです。にきびへの対処の仕方を誤ると、クレーターにきび跡ができたり色素沈着になったりします。正しい方法で肌を手入れし、生活習慣も乱さず、食生活にも気をつけていれば、肌は健康でにきびもできないでしょう。


にきびのケアと食生活


にきびケアのためには、食生活を正していくことも大事です。にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。

食べるものでにきびを寄せ付けないようにするには、にきびの原因になるような皮脂を作りやすい食べ物を避けることです。

にきびのケアで注意したい食生活では、にきびの原因になる食べ物を食べ過ぎることは問題なのですが、

忘れてならないのは健康な体を作るためには必要な栄養はきちんと摂取することです。

結局にきびに対処するためといっても、食事はバランスよく、極端な偏りもないように心がけることが第一です。

揚げ物などの油ものや、動物性脂肪のある肉類などを食べると、どうしても血中の中性脂肪が増え、皮脂の分泌もひどくなります。

にきび予防を考えるならば、やはりお肉よりも魚類を食べるのがおすすめです。炭水化物は私たちが常に食べる主食の成分ですが、

これは消化されて糖分にもなり、いずれ油分になって皮脂を生成するのです。

炭水化物自体はつい食べてしまいがちですが、にきびケアのために食べ過ぎには気をつけましょう。

糖分がたっぷりある甘いものも、油分へと変わって皮脂を作り出すため、

やはり食べ過ぎないように気をつけたいものです。

飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、

さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまうのです。

飲み過ぎは内臓への負担も大きく、生活習慣が乱れ体と肌にストレスのかかる原因にもなります。

にきび予防になる洗顔法


にきびを予防するために、正しいスキンケアを行うことは最も大切なことです。

にきび予防には洗顔は欠かせないもので、これにより余分に出た皮脂が洗い流され、

余計な角質も取り除かれて、きれいになるのです。

にきび予防の洗顔料を選ぶなら、肌に低刺激でなおかつ添加物の少ないものが肌のためにもいいでしょう。

にきびをケアするなら洗顔料は弱酸性のものがよく、それは人の肌がもともと弱酸性なため、弱酸性ならPH値を乱して肌に負担をかけることがないからです。

にきび予防になる洗顔法は、まず33℃~37℃程度のぬるま湯で肌を十分に濡らし下洗いをします。

ぬるま湯を使うことがポイントで、大きな汚れを落とすと共に毛穴を開かせて細かな汚れを落とすことでにきびのケアになります。

使うお湯が熱すぎると、皮脂を余計に落としすぎ、潤いも奪ってしまうのです。肌が乾燥しがちな人は、もっとぬるいお湯でもよく、この下洗いの段階で、すでに汚れの7割は落ちているのです。

下洗いの次は、洗顔料を使っての洗顔ですが、ポイントはよく泡立てる事です。

この洗顔料の泡立てはとても大切なことで、泡が弾力のあるクリームのような状態にまでなると、その泡は細かい粒子になり、これが毛穴の奥まで入り込むことで、汚れをしっかりと落としてくれるのです。

手でゴシゴシこすらず、手が肌にあまり触れないように優しく洗ってケアしましょう。

洗顔料は肌に残るとにきびを作ってしまうことになるので、すすぎもしっかりし、洗顔の時間の倍くらいを目安にすすぎ、最後にタオルでこすらないように、軽くぬぐうようにして水分を取りましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびに効く化粧品 [大人ニキビ]

にきびに効く化粧品


にきびの跡は非常に残りやすいので、にきびを治すときには気をつけなければなりません。

赤にきびといってにきびがひどくなってしまった場合は、にきび跡が残ってしまうことが多いようです。

この赤にきびはクレーターと呼ばれる陥没したにきび跡になってしまうのです。

にきび跡に効果的な化粧品はビタミンC誘導体配合のものです。

またピーリングもとても効果があります。

ビタミンCが配合されている化粧品は活性酸素を取り除いてくれる効果があります。

それは高い抗酸化作用があるおかげです。

活性酸素を取り除くことで、皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えてくれます。

これがにきび跡によく効くとともににきびの予防にもなるのです。

またコラーゲンを促す働きもあるのでみずみずしいハリのある肌になっていきます。

ただひとつ気をつけなければならないのは、炎症をおこした場合です。

かゆみが出たりしたら肌に合っていないというサインでのですぐに使用をやめましょう。

ファンデーションを選ぶ時には注意が必要です。

にきび跡を隠したいからといってカバー力の強いリキッドファンデーションなどを選ぶとにきびがひどくなることがあるからです。

なるべく薄づきのファンデーションを選びましょう。

にきびの赤みが気になる場合はコンシーラーなどを利用すると良いでしょう。

とにかく油分がひかえめな化粧品にして、たっぷりと化粧水をつけることが大切です。

また化粧品は低刺激のものを選ぶように心がけましょう。

うまく自分の肌の状態に合った化粧品を選択できると良いでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびの予防 [大人ニキビ]

にきびの予防

にきびの予防に一番有効なのは正しい洗顔です。

まず肌を清潔にすることが大切ですので、メイクはしっかりと落としましょう。

ただ油分の多い状態の肌には適していませんのでクレンジング剤は油分の多いものを避けてください。

クレンジング剤は油分が多すぎず、少なすぎないものが良いでしょう。

また洗い流すタイプのものが肌への負担が少ないのでおすすめです。

またなるべく刺激が少ないものを選び、スクラブ洗顔料などは避けましょう。

弱酸性の洗顔料などのやさしい泡で洗うのも良いでしょう。

次に洗顔の方法です。汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシこするのはやめましょう。

そうすると肌を痛め、にきびを悪化させてしまうからです。

顔を洗う前に髪をヘアバンドなどでまとめて顔にかからないようにしておきましょう。

毛穴をふさぐ汚れの原因になりますので、髪の生え際の洗い残しをしないようにしましょう。

洗顔料で前に人肌くらいのぬるま湯で毛穴を開きます。

こうすることで汚れを落としやすくします。

洗顔料はよく泡立てて肌の真ん中から外側にむかって洗って洗います。

力を入れすぎず丁寧に洗うことがポイントです。最後はぬるま湯で洗い流します。

このとき肌をこすらないようにしましょう。

タオルで水分を取るときも肌をおさえるようにしてふきとりましょう。

毎日行う洗顔を正しい方法で行うことはにきびの改善や予防に大変効果的です。

日々実践してきれいな肌をめざしたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびの原因 [大人ニキビ]

にきびの原因

にきびというのは余分な皮脂分泌が原因となって、毛穴が詰まってしまうことでおこる皮膚の炎症です。

にきびといえども軽く考えずに皮膚の病気ときちんと捉えて治療をすることが大切です。

にきびの種類によってその原因はいろいろとあります。

まず白にきびといってにきびの初期症状にあたり、毛穴が詰まって皮膚表面に白く盛り上がった状態になるものがあります。

白にきびは毛穴が閉じてしまうことが原因でできてしまいます。

毛穴が閉じるのを防ぐには、毎日の洗顔を適切に行って、皮脂がきちんと排出されるようにすることです。

そして毛穴内部に詰まった皮脂が毛穴の外にまで押し上げられてくることがあります。

これにより毛穴が開き、入り口で酸化して黒ずんでいる状態を黒にきびといいます。

黒にきびは毛穴のつまりと、皮脂分泌が過剰なことが原因でしょう。

赤にきびは軽症の白にきびや黒にきびを放っておいて毛穴に炎症をおこしてしまった状態です。

こうなると短期間で毎日の生活習慣の改善や洗顔だけで治すことが難しくなってきます。

すると益々ストレスによって悪化してしまうのです。

またこの赤にきびがそれ以上に悪化すると「化膿にきび」になってしまいます。

化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。

アクネ菌は皮膚を栄養にして増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。

この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。

一口ににきびと言ってもこのようにその状態には段階があるのです。

ひとつひとつの症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびに効く化粧品 [大人ニキビ]

にきびに効く化粧品

にきびの跡は非常に残りやすいので、にきびを治すときには気をつけなければなりません。

赤にきびといってにきびがひどくなってしまった場合は、にきび跡が残ってしまうことが多いようです。

この赤にきびはクレーターと呼ばれる陥没したにきび跡になってしまうのです。

にきび跡に効果的な化粧品はビタミンC誘導体配合のものです。

またピーリングもとても効果があります。

ビタミンCが配合されている化粧品は活性酸素を取り除いてくれる効果があります。

それは高い抗酸化作用があるおかげです。活性酸素を取り除くことで、皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えてくれます。

これがにきび跡によく効くとともににきびの予防にもなるのです。

またコラーゲンを促す働きもあるのでみずみずしいハリのある肌になっていきます。

ただひとつ気をつけなければならないのは、炎症をおこした場合です。

かゆみが出たりしたら肌に合っていないというサインでのですぐに使用をやめましょう。

ファンデーションを選ぶ時には注意が必要です。にきび跡を隠したいからといってカバー力の強いリキッドファンデーションなどを選ぶとにきびがひどくなることがあるからです。

なるべく薄づきのファンデーションを選びましょう。

にきびの赤みが気になる場合はコンシーラーなどを利用すると良いでしょう。

とにかく油分がひかえめな化粧品にして、たっぷりと化粧水をつけることが大切です。

また化粧品は低刺激のものを選ぶように心がけましょう。

うまく自分の肌の状態に合った化粧品を選択できると良いでしょう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

にきびの予防 [大人ニキビ]

にきびの予防

にきびの予防に一番有効なのは正しい洗顔です。

まず肌を清潔にすることが大切ですので、メイクはしっかりと落としましょう。

ただ油分の多い状態の肌には適していませんのでクレンジング剤は油分の多いものを避けてください。

クレンジング剤は油分が多すぎず、少なすぎないものが良いでしょう。

また洗い流すタイプのものが肌への負担が少ないのでおすすめです。

またなるべく刺激が少ないものを選び、スクラブ洗顔料などは避けましょう。

弱酸性の洗顔料などのやさしい泡で洗うのも良いでしょう。

次に洗顔の方法です。汚れをしっかり落とそうとしてゴシゴシこするのはやめましょう。

そうすると肌を痛め、にきびを悪化させてしまうからです。

顔を洗う前に髪をヘアバンドなどでまとめて顔にかからないようにしておきましょう。

毛穴をふさぐ汚れの原因になりますので、髪の生え際の洗い残しをしないようにしましょう。

洗顔料で前に人肌くらいのぬるま湯で毛穴を開きます。

こうすることで汚れを落としやすくします。

洗顔料はよく泡立てて肌の真ん中から外側にむかって洗って洗います。

力を入れすぎず丁寧に洗うことがポイントです。最後はぬるま湯で洗い流します。

このとき肌をこすらないようにしましょう。

タオルで水分を取るときも肌をおさえるようにしてふきとりましょう。

毎日行う洗顔を正しい方法で行うことはにきびの改善や予防に大変効果的です。

日々実践してきれいな肌をめざしたいものです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
前の10件 | - 大人ニキビ ブログトップ