So-net無料ブログ作成
検索選択

顔のたるみ、ニキビ、シミ、ホクロの治し方と予防法

女性にとって、お顔のお手入れは、大切ですね。一口ににきび、しわ、たるみと言ってもその状態は人それぞれです。症状にふさわしい治療をしていくことが大切ではないでしょうか。

メスを使わない若返りと薬を利用した若返り美容整形 [美容整形]

49 メスを使わない若返り美容整形



アンチエイジングを目的に美容整形を受ける人がいます。


ただし、人によっては、若かりし頃の肌になれるのは魅力的だけれど、

メスで皮膚を切りたくはないし、何度も美容外科に通いたくはないと考えがちです。

メスを用いずにしわやたるみの軽減ができる美容整形も、この頃は珍しくないようです。

どんな方法で、メスを使わずに美容整形ができるのでしょう。

施術をしたい場所に薬を注入したり、

お肌を引き締める効果がある光で肌を照らす等の方法があります。

フェイスリフト手術を、皮膚を切らずに行うことができるものも存在します。

メスを使わない若返り美容整形は、メスを使う若返り美容整形に比べると低額で行うことができます。

皮膚に傷をつけないため痕にならず、施術にかかる時間もぐっと短縮できます。

ただし、メスを使わない美容整形は、メスを用いる美容整形ほど長時間の効果は表れないようです。

レーザーによる治療の場合は、症状によっては数回程度の治療が必要なこともあるようです。

メスのいらない美容整形は、それぞれいいところと弱点とが存在します。

メスのいらない美容整形を複数組み合わせることによって、

今まで行われていたメスを使う手術と同じくらいの美容効果を得ることができるともされています。

肌にメスを立てない美容整形に色々挑戦することによって、

メスを使う美容整形以上の効果を上げることができるかしれません。


薬を利用した若返り美容整形

プチ整形は、数ある若返り整形の中でも気軽に受けられるものとして利用者を増やしています。

薬を注入する若返りには色々な方法があります。

しわのない肌になるために使われる若返り整形には、ボトックス注射というものがあります。

欧米では10年以上の実績があるそうです。

ボトックスとは、もともとはボツリヌス菌毒素から抽出してつくられた成分です。

ボトックスは医療にも使われている薬品で、まぶたのけいれんや顔面麻痺の治療薬ともされています。

ボトックスは、わきがや多汗症の治療にも活用されています。

筋肉が動かないようにする作用があるボツリヌス菌の毒素を利用し、

しわの原因となっている筋肉の働きに働きかけることで、

皮膚にできたしわを除去するという仕組みです。

ボトックスを用いた若返り整形では、

筋肉の作用でできるしわを解消することができるというものです。

ボトックスを用いたしわの解消は、目元、眉間、額にできたしわに対して効果が期待できます。

施術後3~4日でしわが目立たなくなり、

以後6ヶ月から1年の間はボトックスの影響が持続されるといいます。

治療時間も5分~10分程度で手軽に施術できます。

注射をするだけなので、赤みや腫れもほとんどなく、

すぐに化粧をすることもできるのも人気の理由でしょう。

ボトックス注射は痛みなどのリスクも少なく、気軽に受けることができる若返り整形なので、

受ける人はこれからも多くなるでしょう。

薬を利用した美容整形による若返り方法は他にもいろいろとあります。

様々ある美容整形の技術を使用して、若返りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。



スポンサーリンク




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。